ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

ハリネズミの飼育グッズ!初心者におすすめなゲージやかかる初期費用をチェック!

time 2017/11/07

スポンサードリンク

ハリネズミって、最近本当に人気だと思いませんか?

結構どこのペットショップに行ってもいてるようになったくらい一般的なペットになりました。

なので、

ハリネズミを飼いたい!

飼ってみたい!

などの意見も自然と増えてきています。

ですので、ハリネズミをこれから飼おうと思っている方に向けての記事になります。

ハリネズミをこれから飼おうとした時に、やっぱりハリネズミ自体もどこで飼おうかと悩みますが、それと同じくして「飼育グッズ」ってどうすれば良いのか?

なんて、悩みませんか?

もちろん、どのペットでも気になる大事なところではあると思うのですが、先程も言ったようにハリネズミは最近人気の出てきたペットなので、

そもそも用意された飼育グッズはあるのか?

みたいなところからになりますよね^^;

飼っている人からすると、
当然の内容なのかもしれませんが、
今からどうするのか悩んでいる方には結構分からないことだったりします。

なので、今回メインの内容は飼育グッズについてが基本的に大事な内容になってきます。

で!
それに付随する気になるところも合わせてこんな感じに見ていこうと思います。

・おすすめの飼育グッズ

・初期費用

・おまけ

 

このあたりですね^^

結局どれくらいお金が掛かるかは今後問題なく育てていけるかの判断にもなりうるので、知っておいて損のない内容だと思います。

なので、順を追って見ていきますね!

では、いきましょう。

スポンサードリンク

おすすめの飼育グッズは?

やっぱり先ずはこの「おすすめの飼育グッズ」があるのかどうか。

を見ていこうと思います!

そもそも、ここがハッキリしていないと意味ないですもんね^^;

ずばりコレは、もちろんあります^^

まぁ当然ですよね。

で!
ここからが本題です。

「飼育グッズ」があるかどうかはここでは完全におまけの内容でした^^;

では、早速ではありますが、
おすすめの「飼育グッズ」をいくつかご紹介していこうと思います。

それがこちらです。

下記画像、楽天のリンクにします。

先ずはこちらです。

このケージのお値段は大体「8000円」くらいです。

このケージの良さは何と言っても、大きさですね!

幅688ミリ×奥行444ミリ×高さ402ミリ

 

の大型のケージです。
小型のウサギでも飼えるくらいデカイので、ゆったと飼ってあげられます。

他にもメリットはありまして、
多少大きめの回し車でも入るので、他のものを揃えるにも、サイズ感に対する融通が効くので、とても便利です。

このケージを買ったならば、
回し車や、給水ボトル、エサ箱、などなど揃えると大体「12000円」くらいでイケると思います。

ここが一先ず基準になりますね。

では続いてです。

下記画像、楽天のリンクにします。

続いてはこちらなのですが、
先ずは値段なのですが「6000円」程です。

先程に比べると手に取りやすい価格です。

それにこの値段なのに、他に揃える必要がなく、回し車や給水ボトル、エサ箱などがついてくるんです。

ただ、サイズ感もやや小さく、大きくなると買い換える必要もあるかもしれないです。

ちなみに、

幅550ミリ×奥行390ミリ×高さ270ミリ

 

です。

しかも、回し車がややうるさいので、
その辺りもこの値段がゆえの欠点かと思います。

ですが、飼い始めということもあるので、このケージが悪いということではないので、全然おすすめは出来ます。

どんなケージでもデメリットはありますからね^^

では、続いてです。

下記画像、楽天のリンクにします。

今回のこちらは結構高級品です。

っというのもなんと、「25000円」ほどするのです。

いやー今までのに比べるとかなり高いです^^;

ですが、それ相応のメリットがあります。

先ずは、サイズ感ですが、
問題なく大きいサイズです。

ちなみに、

幅520ミリ×奥行430ミリ×高さ405ミリ

 

です。

高さのある大きさを感じれるケージです。

ケージ全体がクリアケースになっているので、観察もしやすく、床材をセットした時に飛び散らないので、掃除も楽でとても良いですね。

このケージの最大のメリットは毎年来る冬への対策バッチリなところです。

吊るすタイプのヒーター設置場所や、シートタイプのヒーターを設置できるようにもなっているんで、寒くなる冬にも安全に快適に飼ってあげられるんです。

このタイプのケージは中々ないので、お金に余裕があるのであればおすすめです^^

続いて最後のご紹介ですが、
最後のケージが一番おすすめですね。

下記画像、楽天のリンクにします。

画像にも合わせて載せている通り、
7点セットになっているので、
余計に揃えるものが圧倒的に少ないんです。

価格帯も「16000円」程とそこまで高額なケージでもありません。

何よりも、今までで最大のサイズのケージです。

ちなみに、

幅700ミリ×奥行440ミリ×高さ395ミリ

 

です。

いやー大人になっても問題なく使って頂けますよ^^

ケージが大きい分お世話に慣れてきた際には、色々なものを入れてあげたりと、アレンジのきくケージなっております。

ケージ自体の掃除の際も、バラバラにできるので、衛生面状もバッチリですね^^

っと、ここまで4つ程ご紹介してきましたが、「一般的なものから、安いもの、高級品、おすすめ品」と色々ご紹介してきました。

良さそうだな!
っと、感じて頂けたケージはありましたでしょうか?

もちろん、考える中での一つの参考に慣れば幸いですし、何よりも、飼おうとしているあなたの飼育環境にあったものを選ぶのが一番ですからね^^

では、そんなケージ選びはさておき、
続いては、一番気になる「初期費用」です。

スポンサードリンク

ハリネズミの初期費用はこれくらい

先程の内容で、飼育グッズとして飼うとどれくらいかかるのかが分かってきたと思います。

そこで、今回はさらに費用関連に踏み込んだ内容の「初期費用」という観点でのお話をしていくと思います。

まぁ初期費用と言うと、「飼育グッズ」以外にも色々と揃えるものがあります。

小動物とはいえ、結構お金がかかるものです。

先ずは、初期費用として掛かりそうな物を思いつく限りあげてみましょうか!

・飼育グッズ:1万円~2万円

・床材   :500円 

・餌類   :1000円

※今回はあれこれとこだわらずに、問題なく飼っていけるようにです。

 

コレくらいです。

ここに、ハリネズミ本体を足しての価格帯になってきます。

そのハリネズミの価格帯ですが、

・1万5千円~4万円

 

くらいです。

結構振れ幅のある価格です。

やはり生き物なので、その状態などで値段が左右されている場合もあるので、あからさまに値段の安い子は定員さんに聞いてみるのが良いかもしれないですね。

少し話が逸れましたが、結局トータルでいくら掛かるのか?

というところですが、

・3万~5万円

 

これくらい見ておけば問題なく全て揃えれると思います。

逆に言うと、特別なものを買っていないのに、この値段の幅から前後するのであれば、1つずつ店員さんに聞いて確認していくか、ペットショップを変えることをオススメします^^;

何年も飼うからには大事な部分ですしね!

どうですか?

・3万~5万円

この「初期費用」についてどう思いますか?

もちろん、今後もこのような金額が毎月かかるわけではないので、安心していいと思いますが、今後なにかあった際の病院代や、その他の思いもよらない出費などは日常茶飯事です。

なので、この初期費用の金額に対して、全然気にならないのであれば、しっかりと吟味して飼ってあげて欲しいです^^

本当に可愛いですもん!

もちろん、飼いたいけどこの金額は難しい。

ということであれば、ハリネズミを飼うためにしっかり仕事を頑張ろう!

みたいな後押しで仕事を頑張り、
その後にハリネズミを飼ってあげるのもいいと思います。

自分が頑張らないと自分の家族であるハリネズミが大変なことになるかもしれないんだから^^;

少し大げさだったかもしれないですが、これくらいの気持ちの持ち方だととても良いかもしれないですね^^

では、「初期費用」は以上です!

続いてです。

おまけ

最後の「おまけ」についてです。

このおまけというところですが、

「あくまでおまけでしょ^^;」

って、思われないように、しっかりとした内容でお届けしようと思っております。

ただ、今回の内容でのメインは、
飼育グッズ」や「初期費用」と全体的に金銭的な話が多かったので、それに少しでも付随するようにしていきますね^^

その方が「おまけ」としても意味が出てきそうなので。

そこで、先程は下記内容で必要なものを金額も出して見てみました。

・飼育グッズ:1万円~2万円

・床材   :500円 

・餌類   :1000円

 

です。

再度確認として、ザッと見てみて下さい。

どうでしょうか?

もちろん、これだけでも飼うことは出来ますが、初めて飼うのだから色々と買い足してあげたくなりますよね^^;

なので、
ここに合わせて用意してみるのもおすすめなものをご紹介していこうと思います。

それが今回の「おまけ」の内容ですね^^

では、

・ミルワームやコオロギ

・コーンリター

・寝床

 

この3点です。
あまり多くても仕方がないと思うので、この辺にしておきます。

簡単に、上から順に説明していきます。

ミルワームやコオロギ

先ずは「ミルワーム」や「コオロギ」ですが、コレは完全に生きている餌にになります。

ただ、タンパク源も多いので、本当に食いつきもよく美味しそうに食べてくれると思います^^

飼い初めの慣れない時や、ご飯をあまり食べてくれない時なんかは結構使える餌です。

値段も数百円で手に入るので、
是非ともオススメです^^

しかし、虫が苦手な方だと結構キツイかもしれません><

コオロギは聞いたことあるかもしれないですが、「ミルワーム」はないかもしれないですよね?

写真は少し好き嫌いが分かれると思うので、載せないようにしておきます。
※気になるようでしたら調べてみて下さい。

人間がお肉を食べて美味しいと思うように、ハリネズミも虫を食べて美味しいと思うんですね^^

コーンリター

この「コーンリター」って、聞いたことありますか?

要は床材です。

このコーンリターというのが、
トウモロコシの穂軸を粉々にした100%天然の床材なんです。

なので、安全面はもちろん、吸水性も優れていますし、ホコリも出ないので、人間にも安全なものなんです。

値段も普通の床材よりも少ししますが、
1000円~1300円」程度のものなので、試してみるのもすごく良いと思います!

トウモロコシって、本当に意外な場面で活躍しますね^^

寝床

ハリネズミも、もちろんたくさん寝るわけですので、それにあった「寝床」を用意してあげるのも、ハリネズミを飼う上での楽しみの一つだと思います。

木製のも物から、布タイプのものまで様々です!

ただ、寝床を使わないタイプの子も中にはいてるので、使わなかったらもうそれは仕方ないです^^;

これも値段はそこまで高くないですが、もし使われなかったと考えるのであれば、少し痛手になる金額かもしれません。

大体ですが、
1000円~3000円」くらいの間であるので、少し贅沢して良いものを買ってあげれる値段でもありますね^^

まぁ寝床に関しては、
もし使い続けてくれるのであれば、
何度か買うことになると思うので、
色々買い試しても良いかもしれないです^^

では、まとめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・おすすめの飼育グッズは?

・ハリネズミの初期費用はこれくらい

・おまけ

でしたね。

おすすめの飼育グッズから初期費用までと、本当にこれから飼うにあたって、必要なことのお話でした。

おまけの内容も、書き方はおまけとして書きましたが、大事なことだと思っております。

今後、家族として迎え入れる可能性があるハリネズミですので、十分な事前勉強はとてもいいことだと思います。

「まとめ特集」もあるのでご参考下さいませ。

ではでは、以上です。

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




ブログランキングに参加中♪

最近のコメント