ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

ハリネズミがペットシーツを「破る・潜る」など大暴れ!対策としての「人工芝」の注意点やメリット・デメリットは?

time 2017/09/18

スポンサードリンク


ハリネズミの床材で「ペットシーツ」を使っていることて、結構多くないですか?

もちろん、広葉樹マットなどの床材もありますが、お世話の兼ね合いなどで、ペットシーツを使っていることはあると思います。

ただ、ハリネズミは、ハムスターの仲間というより、モグラ目にあたるので掘ったりするのが習性になります。

なので、当然のごとく、
ペットシーツを「破る・潜る」は当たり前です!

悲しいですが。笑

まぁ、ここまでは許容範囲内というか、
そうなるであろう!

という感じだと思うので、
この大暴れに対する対策として、
考えるのが普通の流れですよ^^

そこで登場するのが、
人工芝」です!

100円均一などに売っているものなどで全然良いのですが、「人工芝」の用意が一般的になっている様子です。

ただ、ここで気になるのが、
この「人工芝」って何か注意することってあるのだろうか?

ここは気になりますよねー^^;

だって、人工というだけあって、
それが原因で怪我はしないのか?

とか、掃除は問題なく出来るのか?

色々問題点は出てきます。

なので、今回のそんな対策としての「人工芝」のメリットデメリットをしっかりと見ていこうと思います^^

もちろん、注意点もしっかりと見ていきますからね!

いやー最近流行りのハリネズミ
飼う上での大事な床材についての話題でもあるので、しっかりと確認していきましょう。

では、見ていきましょう。

スポンサードリンク

ペットシーツを「破る・潜る」理由は?

一先ず、ペットシーツを「破る・潜る」理由というのも知っておく必要がありますね。

やはりその原因の理由を知ってからの対策注意点を確認するのが大事ですからね^^

で!

コレは先程も少し触れましたが、
ハリネズミは、ネズミと名前についていますが、ハムスターの仲間ではありません。

正式には、「モグラ目ハリネズミ科」に分類される動物です。

なので、まぁモグラの仲間であれば「破る・潜る」の点に関しては、習性として受け止めるしか無いです。

ペットとして飼っているハリネズミだから、コレを止めさせたり出来るのか?

と、思いがちなのは分かりますが、
正直結構難しいです。

やはり習性という部分は大きいので、
犬の散歩を止めさせるくらい難しいことのように思います。

なので、何も無いところでも、
掘ったりする動作はするので、
やっぱり、そういう野生としての本能はしっかりと残っているようですね^^

ペットシーツを破ったりしてしまうことは正直仕方ないとこはあります。

でも、その後のペットシーツを食べてしまったりと、危険も多々あるかもしれないので、その対策として今回「人工芝」を使うのですが、さらにその「人工芝」について問題が無いのか?

というところを、
今からじっくりと見ていこうと思います。

ではでは、早速「人工芝」事態の、
メリットデメリットから見ていきましょう。

人工芝のメリット・デメリット

やはり基本となる、
メリット・デメリットなのですが、
詳しく調べてみると、

当然のごとく人工芝にも
メリット・デメリットが存在します。

しかも結構しっかりと^^;

でも、それだけしっかりと安全面を考慮出来る判断材料があるということでもあると思うので、ここはきちんとみてきましょう。

飼っているハリネズミも大事な大事な家族ですからね^^

では、先ずは「メリット」から見ていきましょう。

メリット

先ずは、メリットのご紹介です。
やはり人工芝のいい部分を知り、
その上で注意点もいきたいので、

しっかりと見ていきましょう。

・緑の見た目なので見栄えが良い

・うんちも乾燥すれば掃除が楽

・おしっこが下に落ちるので衛生面上良い

・回し車が回った時の振動や揺れを吸収して騒音が軽減される

・ペットシーツを破る心配がない

・人工芝を気に入ってくれる子も多い

・ハリネズミのアレルギー(床材)を気にせず使える
※広葉樹マット以外だとアレルギーが出る子が多いので。

 

です。

結構人工芝へのメリット多いですね。

お掃除関係のメリットは飼い主に関しても、嬉しいところです^^

回し車の吸音も本当に魅力的です。

個人的には、ケージ内の見た目も緑というのは、観葉植物では無いですが、良いです^^

では、続いてデメリットの紹介です。

スポンサードリンク

デメリット

続いてのデメリットの紹介です。

良いところあれば悪いところもある!
というところですね^^;

では、見ていきましょう。

・人工芝の間にハマったうんちの取り除きは困難

・人工芝の丸洗いは非常に乾きにくい

・時と場合によっては、回し車が入らなくなる

・ケージのそこからの暖房器具などの効果が伝わりづらくなる

・人工芝が苦手な子もいる

・身体が小さい子の場合、足が引っ掛かるかもしれない

 

です。

結構デメリットもあがりました^^;

ただ、デメリットが分かれば対策も十分できると思うので、知っておいて損はなしです。

掃除関係であれば、100円均一のもので十分対応できるので、新しいものを買ってあげるのでも良いかもしれないですね^^

そもそも、苦手なのかどうかというのは敷いてみないと分からないことなので、やってみるしかありません。

ひょっとすると、意外にも好んでくれるかもしれないです。

そうやって色々試していく中で、
飼い主とハリネズミとの関係がしっかりと出来てくるので、しっかりと観察していくのが良さそうですね。

では、最後の「人工芝への注意点」です。

スポンサードリンク

人工芝の注意点は?

最後の人工芝への注意点ですね。

コレは、総合的な内容です。

結局この注意点というのは、
飼っているハリネズミに対して、

人工芝をどれだけ安全に使えるか?

という事と同じです!

なので、先程のデメリットに対してどこまで、安全で問題なく使っていけるか?

ということです!

で!
その先程のデメリットが、

・人工芝の間にハマったうんちの取り除きは困難

・人工芝の丸洗いは非常に乾きにくい

・時と場合によっては、回し車が入らなくなる

・ケージのそこからの暖房器具などの効果が伝わりづらくなる

・人工芝が苦手な子もいる

・身体が小さい子の場合、足が引っ掛かるかもしれない

 

でしたね!

どう思いますか?

正直いけそうですよね^^

もちろん、苦手な子には難しいですが、
それ以外は、全然使えるなら、このデメリットの部分を十分に考慮して、しっかりと対策をすればいけます!

対策と言っても、
掃除に関しての懸念材料がほとんどなので、汚れに悩んだのであれば、新しいのを100円均一で調達しましょう^^

ではでは、まとめていきます!

 

まとめ

いかがでしょうか?

・ペットシーツを「破る・潜る」理由は?

・人工芝のメリット・デメリット

・人工芝の注意点は?

でしたね。

ハリネズミの習性があるので潜ったり、破ったりしますし、そもそも名前にネズミって入っているのに、モグラの仲間ですしね^^;

メリットデメリットも、やはり個体差がある中でも、しっかりと気をつけて使っていける理由もありました。

注意点も結局は、安全に飼ってあげるために知っておく必要の内容でしたね^^

なので、ペットシーツ人工芝と、ピンポイントの内容だったかもしれませんが、十分に普段の生活の部分なので、対策は必要です!

ではでは、以上です。

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    アーカイブ