ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

ハムスターが夜行性でうるさい!逆転することってある?夜行性じゃないコもいるの?

time 2017/08/23

スポンサードリンク


ハムスターって、飼い始めるとこういうことに気づきませんか?

ハムスターって、夜行性だ!

もちろん、
飼い始める前からすでに知っている方もいらっしゃるかもしれないですが、ハムスターは「夜行性」なんです。

なので、
夜に「走ったり・食べたり・遊んだり」と、人間の寝ている時間に大暴れです。笑

まぁ、
回し車を使って走っているのを見ているのも、楽しみの1つでもあるんですけどね。

だけど、夜中だと結構うるさくて、
もう少し静かにしてくれないかなぁ?^^;

なんて、思うこともあります。笑

そこで、素朴な疑問ではあるのですが、

ハムスターのこの夜行性であるが故に、
うるさくしてしまっている現状があります。

もしかすると、

・この夜行性が逆転することはあるのか?
※昼夜逆転することがあるのか?

・夜行性じゃないコもいるんじゃないか?

など2点、想像できます。

うるさい」という現状に対しての、
詳しい理由や他のパターンなどが気になっているんじゃないでしょうか?

もちろん、ハムスターの生活の基本は夜行性です。

なので、仕方ない部分はあると思いますが、
色々なパターンもあるかと思うので、
しっかりと、この2点の可能性について見ていこうと思います。

具体的な理由や可能性が理解できるだけで、より一層「仕方ないなぁ」って、思ってあげれると思うので^^

では、この2点!

当たり前と思っていたことや、
じっくり考えたこと無かったことが、
出てきました。

この2点をしっかりと見ていこうと思います。

では、見ていきます(^^)

スポンサードリンク

夜行性の理由は?

ここでは、
ハムスターが夜行性である理由などを見ていっこうと思います。
そもそもの部分を知っておくのも必要ですからね!

正直、あまりこういう細かな部分って何となくで流してしまいがちですから、詳しい方って少ないんですよね^^;

人間で言うところの、

「なぜ夜に寝るのか?」

みたいな、当たり前な題材ですからね。笑

でも、この内容に需要があるのは、ハムスターというところに意味があるわけですから、しっかりと見ていきたいですね。

では、早速本題です。

この「夜行性の理由」ですが、
こういう風に言われています。

・野生での生活の名残やその本能がある

 

と言われています。

なので、動物ならではの本能がこの夜行性という性質を生んでいるようです。

動物っぽい理由ではありますね^^

で!こうなってくると、

そもそもの野生のハムスターがどのように暮らしていくかを知る必要があります。

はい!

結論から言うと、
ハムスターはもともと、「土の中で暮らしている動物」です。

地面を掘って巣穴をいくつも作ります。

そして、それぞれの穴に「トイレ」「寝床」「食事スペース」といくつもの部屋を作り生活しています。

アリのような生活スタイルです。笑

日中の明るい時は、この巣穴でぐっすり寝て過ごし、夜になると食べ物を探しに外に出ていきます。

野生のハムスターが暮らす環境というのは、食べ物が豊富な場所では無いので、何十キロも走り回って探すのです。

本当に凄いですよね^^

コレだけ見ても、「回し車」を使って沢山走っているのも、何となく意味が分かる気がします。

こうしたハムスター本来の生活スタイルがあり、この主軸とも言える「昼夜逆転」がペットのハムスターにもしっかりと染み付いているわけなんです!

だから、ハムスターは「夜行性」ということなんです。

非常に分かりやすい内容でしたね^^

では、続いての内容です。

スポンサードリンク

逆転する可能性は?

今度は、
「昼夜逆転」する可能性はあるのか?

というところです。

ハムスターの昼夜逆転は少しややこしいですね。笑

・日中:起きる

・夜中:寝る

 

この生活が可能なのか?
ということです。

あなたは、どのように思いますか?

「んーーーーーー」

ですよね^^;

では一旦、違う動物で見てみましょうか。

例えば、
」とか良いですね。

猫も基本的には夜行性ですし、かなり人気のペットですのでいい例ですね。

で、その猫の昼夜逆転の可能性ですが、
コレは、個体差がある中での話にはなりますが、昼夜逆転の可能性は十分にあります。

っというのも、
実際にウチの猫がそうですからね^^;

私は、今の家では11匹のハムスターを飼っていますが、実家の方では5匹の猫を飼っていたこともあり、結構「猫」に関する体験談もあるんです^^

こういうこともあって、
動物の夜行性の逆転はありえます。

ただ、猫の場合だと、
そもそもの寝る時間が長いので、
体験例としては、ややグレーな気もしますが、ここが本題では無いので、ご愛嬌ということで^^;

で、本題の「ハムスターの昼夜逆転」の件ですが、結論から言います。

・昼夜逆転は無い

 

です。

もちろん、何千匹に1匹とかのレベルではあるのかも知れないですが、少しの可能性があっても本当にごくごく僅かだと思います。

うちの子達、11匹も確実に夜になれば走っていますし、明るい時はおとなしく寝ています。

それに、この裏付けにはもう一つ理由もあります。

猫のように飼い主との触れ合いや生活の共有部分を考えると、人間の生活感に寄っていくのもある程度は理解できます。

ですが、ハムスターの場合は、
基本的には観賞用として、飼うペットです。

金魚のような感じです。

なので、
人間の生活の中で生活しているというよりは、人間の生活スペースでハムスター本来のペースで生活している感じのようです。

なので、基本的に昼夜逆転の可能性というのは考え難いです。

絶対では無いですが、
そんな感じです。

夜行性じゃないコはいる?

そもそも夜行性じゃないコがいるのかどうかのところですね。

先程の内容にもややありましたが、
正直いないでしょうね^^;

いたとしたら、かなりレアだと思います。

通常、ペットショップで飼っても、
友人などから、譲り受けても結局最初は、
ハムスターの習性通り、「夜行性」です。

なので、そもそも夜行性で無いハムスターは、
人間で言うところの、産まれた瞬間に昼夜逆転している子供がいるような状態です。笑

しっかり育たなくて、たまったもんじゃないですね^^;

なので、何千匹に1匹とかのレベルで、
生活の中での変化はあるかも入れないですが、
天然の夜行性じゃないコはかなり珍しいでしょうね。

では、まとめていきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・夜行性の理由は?

・逆転する可能性は?

・夜行性じゃないコはいる?

でした。

ハムスターが夜行性であるが故に、
夜中はバタバタと少し「うるさい」時があります。

でも、結局は夜行性なので仕方ないんです。

なので、そこも可愛さの一つとして見てあげるしか無いですね。
逆転したり、天然で夜行性じゃないコはほとんどいないので^^;

うるさい」のもご愛嬌ということで^^

ではでは、以上です!

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    アーカイブ