ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

ハムスターの餌の交換頻度は?「おやつ」や「ミルワーム」の頻度も紹介です!

time 2017/07/01

スポンサードリンク


ハムスターを飼い始め、餌の交換を行っていると、こういうことは思いませんか?

どれくらいの頻度で餌の交換をしているか?

実際にどうですか?

「何となくかなぁ」

それとも、

「なくなり次第、変えてます!」

とかでしょうか?

んーーーどちらも正解とは言えないです^^;

やっぱり、どんな生き物でも、
食べ物への考え方は非常に大事になってきます。

なので、この餌の交換頻度と言うものは、
「なんとなく」では、いけないということです。

とは言っても、私もしっかり出来ていない時もありましたので、ここでしっかりと抑えて、ベストな頻度で交換していきましょうよ^^

ご飯はどんな生き物でも大事な時間ですしね!

さらにこうも考えられませんか?

人間だと食べ物でのストレスって、1番キツイじゃないですか?

ハムスターだって、同じです。

そういうことなんです。

結局、人間は好きな時に食べれますが、
ペットであるハムスターはそうはいきません。

なので、飼い主であるあなたが、しっかりとベストな頻度であげないといけないので、しっかりと抑えておく必要があるんですね。

まぁ簡単な事なので、ここでしっかりと覚えてしまいましょう!

さらに、コレに加えて、
おやつ」や「ミルワーム」の与える頻度も合わせて書いていこうと思います。

やっぱり、「おやつ」とかもあげたいじゃないですか?

食べる姿は本当に可愛いですし^^

でも、ポンポンあげて「肥満」にしてしまってはいけないので、コレもしっかりと頻度を考えてあげていきたいですね!

ミルワーム」も一緒です!
まぁ「ミルワーム」は売っていないペットショップもあるので、少し難しいですが、栄養バランスとして全然あげれますので、ここも合わせて書いていこうと思います。

なので、今回は、

・餌の交換頻度は?

・おやつの頻度は?

・ミルワームの頻度は?

この3点について、
書いていこうと思います。

これは、結果的に「肥満予防」にも繋がるので、知っておく必要があります。

難しくないので、
一気に覚えてしまいましょう!

スポンサードリンク

餌の交換頻度は?

では、早速本題ですね!
頻度」についてです。

「もちろん、そんなこと当たり前でしょ!」

「誰でも知ってるよ。」

っと、なるかもしれないですが、

動物の中には、「度々」や「出しっぱなし」の種類の子もいるので、ハムスターについてしっかりと知っていても問題ないと思いますよ(^^)

色々なことを詳しく知っていることって、良いことですしね。

では、ズバリですが、

・ハムスターは毎日、全てのエサを新しいモノに交換します

 

っあ!
やっぱりか。

って、感じですか?^^;

でも、
この毎日交換するという頻度について、当たり前のことかもしれないですが、ではなぜ毎日交換しないといけないと思いますか?

念のため、ここまで知っておいても損ではないと思います。

なので、ここで餌を毎日交換するという理由について見てみましょうか。

毎日交換する理由は?

交換理由ですが、この餌の交換が每日という常識的な頻度なのかもしれないです。

でも、この理由について、詳しく知っている人って、あんまりいないと思います。

意外とね!

・何となく

・当たり前

・当然だから

 

とか、こんな感じでしょうか?

もちろん、每日交換していれば、
動機はどうあれ良いのですが、
しっかり言っておく方が飼っていて、
ハムスターへの気持ちにたっている感じがしませんか?

自己満足とかではなく、飼い主として良いかなぁ^^
って、ことです!

っと、引っ張りすぎですね^^;
その理由ですが、

・ハムスターがキレイ好きだからです

 

予想外の答えでしたか?

でも、結局はこういうことなんです。

そこで、この「キレイ好き」という性質で一つの仮説をたてることが出来ました!

それは、

・ハムスターと人間が近い存在?

 

ちょっと大げさかもしれないですが、
そう思うようになったんです。

っというのも、人間って基本的にはキレイ好きですし、日本人であればより一層そうだと思います。

だから、ご飯を每日新しいものを食べているわけではないと思いますが、「キレイ好き」という共通点はあると思っているんです。

少し話が逸れてしまったんですが、
要は、キレイ好きなので每日新しいキレイな
エサをあげるということですね^^

每日しっかりとあげていれえば、
問題ないです。

この仮設は、頭の片隅にでも入れておいて下さい!
この每日交換するという頻度に対して、
より重要性を感じると思いますので^^

では、次におやつの頻度です。

スポンサードリンク

おやつの頻度は?

先程は、「エサの交換頻度」でしたね。

今度は、「おやつをあげる頻度」についてのお話です。

おやつもハムスターを飼っていれば、あげたいですし、色々種類もあって喜んで食べてくれるので、あげたくなりますよね(^^)

手に持って食べている姿は、
本当に可愛いので、たまらないです!

でも、この頻度を間違えると、
肥満」になってしまい、寿命を縮める要因になり兼ねないので、この頻度に関しては気をつけないといけないです。

では、その具体的な頻度ですが、
種類によって、1日に与える量が違うので、
それぞれのおやつで具体的に一つずつ見ていきましょう。

まずは、そのおやつをあげる頻度ですが、

1日に1回」です。

さらにさらに、その量ですが、

・ひまわりの種:5~6粒

・市販のおやつ:一粒

※1回であげる個数です。

 

です。

本当にコレくらいで良いんです。
最悪なくても、健康面的には問題ないですからね^^

そもそも「ひまわりの種がおやつ」という事実にビックリしました?^^;

実は、あれっておやつなので、
勘違いして、たくさんあげてしまわないようにしないといけないですね。

で!
本題の「おやつ」の種類による個数ですが、上記のような個数で良いと思います。

ひまわりの種にもサイズで色々あると思いますが、「小粒、中粒、大粒」ある中で、「中粒」で「5~6粒」って感じです。

このサイズ基準でお願いします。

おやつに関して、総称していますが、
市販のハムスターのおやつって、大体1粒辺りのサイズが同じくらいなんですよね。

なので、総称して1粒でいけるんです。

恐らくですが、ハムスター自体の体のサイズに大小があるにしても、ハムスターの中での大小なので、誤差レベルで作り手も捉えているのかもしれないですね^^;

だから、同じくらいのサイズ感のおやつが作られているのかも!

コレは、私の予想なので、
余談として見ておいて下さい^^;

でも、この1日のおやつの量に関しては、コレが適正ですので、これ以上はあげないようにしっかりと管理してあげてくださいね。

一応、私の方でハムスターが手に持って食べていると可愛い!
っと思う、おやつ下に紹介しておきますね!

とにかく絵になります^^

楽天にリンクします。

どうですか?
可愛いと思いませんか?

是非とも、食べているところを写真に収めたいですね!

色々なペットショップにもおやつはあると思いますので、買ってあげてみて下さい。
好き嫌いもあると思いますし、
適量であれば、あげて全然問題ないですからね^^

では、最後にちょっと不気味な「アイツ」を紹介していこうと思います。笑

スポンサードリンク

ミルワームの頻度は?

ハムスターを飼っていて、ペットショップのエサのコーナー、もしくは、爬虫類コーナーにいてるのがこの「ミルワーム」って、やつです。

もうすでに、「ワーム」ってついているので、虫感がめちゃめちゃ伝わってきますね^^;

写真を載せたいところですが、
マジで虫が苦手な方にはかなりキツイので、ここでは載せないようにします。笑

イメージとしては、芋虫とか幼虫とか、見た目はそっち寄りです。

じっくり見てみたい方は、
「ミルワーム」で検索してみてみて下さい。

見た目による精神的ダメージに関して、
責任は負い兼ねます。笑

ちょっと、言い過ぎたかもしれないですが、
普通にハムスターのエサとして、売っているので、勇気を出して飼ってみるのもいいですよ!

種類も「通常サイズ」と「ジャンボサイズ」といるのですが、どちらでも問題ないので。

あげる頻度は、、、

3~4日に1回

くらいです。

その1回分の量も

・通常サイズ  :3匹

・ジャンボサイズ:1匹

※1回にあげる量

 

です。

あまり每日あげるイメージでは無いので、
消費量も少なくて、凄く良いですよね^^

お値段的にも非常にリーズナブルなので、是非とも買ってみて下さい。

喜んで食べると思うので^^

っと、ここまであげる感じの流れになっていますが、「ミルワーム」はエサの中で、おやつなのか、何なのか?

って、感じだと思いますので、
分かりやすくこの「ミルワーム」の必要性について書いていきますね。

ミルワームの必要性

そもそも何なのか?
って、ところが大事ですので、
ここをしっかりと書いていきますので、
読んで見て下さい。

まず言えることが、
エサではあるんですが、
「おやつ」ではないと思っていいです。

本やネットには「おやつ」的な感じで書いてあることもありますが、少しニュアンスが違いますね^^;

っというのも、「おやつ」に関しては、
ただただ、「おやつ」でしかありません。

でも、この「ミルワーム」にはあげた時に必要なある栄養分をハムスターが摂取できるのです。

それが、、、

・たんぱく質

 

です。

「んーーー、でもこのたんぱく質って、いるの?」

って、思うかもしれないですが、
これ結構重要です。

ハムスターを飼っていて、
こういうことってないですか?

・ゲージをひたすらかじる

・飼い主の手を噛む

 

これありますよね!?

この原因の一つにたんぱく質の不足が原因と言われています。

もちろん、上記の理由の全部では無いですが、可能性として全然あるみたいです。

しかも、「飼い主の手を噛む」と、あると思うのですが、これの行動の理由として、人間のてから「たんぱく質を摂ろうとする」という、衝撃的事実もあります^^;

なので、この「ミルワーム」を与えることに関して、結構大事で、無視の出来ない存在ということです。

しかも、大体のハムスターが好きなので、「バリバリ」食べます。笑

やっぱり好きなんですね^^

ちなみに、ウチにはハムスターが11匹いますが、ジャンボミルワームを100匹とかで買います!

みんな、嬉しそうに食べてくれるので、
あげちゃうんですよね^^

では、まとめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・餌の頻度は?

・おやつの頻度は?

・ミルワームの頻度は?

でしたね。

当たり前と思っていた、エサの頻度やおやつの頻度、そしてミルワームの件でした。

どれも、エサとしての知識で知っていて、損では無いのでしっかりと理解しておきましょう!

そして、「ミルワーム」頑張って、
買ってみましょう^^笑

ではでは、以上です!

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    アーカイブ