ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

ハムスターのトイレの砂はどの量がベスト?汚れない適量はコレ!

time 2017/06/28

スポンサードリンク


ハムスターのトイレのお世話を毎日すると思うのですが、あなたはこの時何に気を付けていますか?

餌?トイレ?ゲージ内?水?

お世話にも色々とある中で、
もちろんどれも大事なのですが、
この中で、今回注目するのは「トイレの砂の量」です。

意外とトイレのお世話をする時って、注意点があるんです。

「っえ!なんとなく入れてるかも、、、」

っと、ドキッとしたあなた!
ここでしっかりと確認しておきませんか?

もちろん、この砂の量がおかしいと、命に関わるかと言えば、そうではないと思います。

でも、こういう細かいところを気にすることによって、ハムスターたちの「少しのストレスの軽減」や「快適な生活」に繋がるかもしれないです。

っというのも、ハムスター自体の生活の行動が人間に比べればかなり少ないからです。

食べたり」「走ったり」「かじったり」「寝たり」と本当に、人間に比べると、ビックリするくらい少ないです。

犬や猫と比べても少ないと思います^^;

もちろん、それが生きていく上で必要なことの全てかもしれないですが、こういう細かい部分に対して気にかけてあげるのもいいと思います。

なんせ寿命が短いですからね^^;

っと、前置きが長くなりましたが、
今回、「トイレの砂の量」で書いていくことは、、、

・砂の量には気をつけて!

・汚れない適量はコレ!

・注意点

です。

当たり前なことから、本当に細かいところまで、書いていきますので、コレを読んで頂ければ、「トイレの砂の量」に関してはバッチリですね^^

ウチには、11匹のハムスターがいますが、しっかりとトイレの砂の量には気を遣っています。

なるべくいい環境にしてあげたいですからね!

ではでは、早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

砂の量には気をつけて!

では、先ずは、
トイレの砂の量」の関して気にする必要がなぜあるのかについて書いていこうと思います。

意外と、なんとなくの量でやっている飼い主の方って、結構入ると思います。

私も、最初はそうでしたしね^^;

でも、
コレって仕方ないことでもあるんです。

っというのも、この内容って、
本にもネットにも中々書いてないことも多いので、情報を集めづらいから何となくになってしまうんですよね。

なので、ここでしっかりとその必要な理由から書いていきますので、一緒に確認していきましょう。

結論から言うと、トイレの砂の量は、、、

気にして下さい!

まぁ、ここまで書いて、

「てきとうで良いですよ^^」

では、意味わかりませんしね。笑

なぜ必要かが大事ですね。
では、逆に気にしないと何故ダメなのか?

を、書いていきましょうか。
結果そういうことですからね!

では、、、

・砂が多いとゲージ内が汚れる

・砂が少ないとトイレもハムスターも汚れる

・ハムスターの匂いの元となるポイントだから

・砂の量でトイレをしてくれるかが多少左右される

 

コレくらいです。

こう見ると、大きくは「衛生面」と「習性的」な感じの内容ですね。

理由に関しては、コレ以降の章で詳しく書いていきます。

ただ、ここで言えることは、
ハムスターは基本的に「キレイ好き」ということです。

っということは、それに反することは基本的にNGってことです。

当たり前のことを言っているかもしれないですが、意外と盲点に感じると思います。

まぁー、こういう私も始めの頃はここまで気にしていなかったので、ここで改めて一緒に確認できれば、と思っています^^

確認しないと、
すぐに忘れちゃいますからね。

ではでは、
適量」から見ていきましょう。

ベストな量ですね!

スポンサードリンク

汚れない適量はコレ!

早速、
適量」とダイレクトなお話です。

コレは、体の大きさにもよると思います。

ですが、
ある程度何度かやっていくと、ベストな量が見つかるでしょう。

とはいっても、ある程度の指標が入ると思いますので、そこを確認しておきましょう。

では、その量の指標が、、、

「ある程度掘れる」かつ「掘った後に砂が異常にゲージ内に飛び散らない」量

 

です。

結構抽象的かもしれないですが、
コレがベストです。

でも、理由もしっかりとあるので、
見てみましょう。

先ずは、
ある程度掘れる」と言うのは、
掘ること事態ハムスターの習性ですので、そこをしっかりと捉えて、いい気分でトイレをしてもらうということです。

もう一つの、
掘った後に砂が異常にゲージ内に飛び散らない」ですが、コレはゲージ内をなるべく、キレイに保ってあげるということです。

おしっこのかかった砂がゲージ中にあっては、先程の「キレイ好き」という論点から外れてしまいますから。

これは、結構な「ストレス」になると思います。

っと、2点ともかなり抽象度が高いですが、コレばっかりは、その子のサイズなどもあったり、掘る勢いなども関わってくるので、それは何度か試してみて、ベストな量に近づけるしか無いです。

1回では難しいですが、
何度も試してやってみて下さい。
絶対に見つかるので^^

そこで、先程の「衛生面」に関してですが、まさにこの「適量」というのを捉えることによって、分かってくると思います。

それを順に見ていきますね^^

砂が多いとゲージ内が汚れる

コレは、先程の説明通り、
ゲージ内が汚れるので、砂の多さは、
一気にゲージ内を汚す結果になる可能性が高いです。

とにかく掘る子なら、別に掘る用の虫かごなどを用意して、そこで掘ってもらう方がいいです。

かなり「掘る子」であればです。

トイレは、やっぱりあくまでトイレなので、外を汚してしまっては本末転倒ですからね^^;

砂が少ないとトイレもハムスターも汚れる

逆に砂が少ないと、共に汚れてしまいます。

大量におしっこをすれば1日も持たずに、トイレがびちゃびちゃになり、トイレもハムスターも汚れます。

最悪、トイレの汚れは洗えば全然良いです。

ただ、ハムスターが汚れるのは、
非常に可愛そうです。

恐らく、そこまで汚れればトイレに入らなくなり、トイレの外ですることになり、トイレの外が汚れることになると思います。

なので、ここを間違うのが1番ハムスターへダメージを与えてしまうかもしれないですね><

極端な話ですが、「多い」か「少ない」かだったら、「多い方」が良いかも知れないですね^^;

でも、やはり先程行った通り、
ベストな量を見つけて欲しいです^^

では、ここまで長くなりましたが、
続いての注意点です。

スポンサードリンク

注意点

トイレの砂の量」をバラバラにしてしまうと、色々とハムスターが自由な行動を取るようになり、次第にゲージ内を汚す結果になると思います^^;

っというのも、
匂い」や「習性」という観点での話なので、本当に注意点として知っておく必要があります。

1番人間がハムスターに対して、感覚的に分からないことですからね^^;

毎日、観察してあげましょう!

ではでは、注意点として先程上げた点をどう注意するのかを見ていきましょうか!

ハムスターの匂いの元となるポイント

やっぱり、トイレの匂いって、ハムスターには非常に大事になってくるポイントです。

もちろん、匂いの出るポイントはコレだけではないですが、トイレは1番匂いの出る部門では1番です!

なので、「匂いの元の掃除を何となく」でしてはいけないのは、言うまでもなくダメですよね^^;

でもまぁ、本当にあまりにも情報が少ないので、仕方ない部分はあるんですけどね。

なので、ここでしっかりと確認しておきましょう!

トイレの砂が適量」ってことは、しっかりとしてくれますし、快適にしてくれると思います。

トイレって、人間でもかなり大事なので、てきとうだとストレスが溜まるもんです^^;

こう聞くと、「注意しないと!」

って、思えてこないですか?
何となくしていたことも、そうじゃなくなると思いますよ^^

砂の量でトイレをしてくれるかが多少左右される

コレは、あくまで「多少」かもしれないですが、「やる」「やらない」では全然違うので、「適量」というのは、しっかりと見つけておくのが良いです。

もうここまで、言えば理由も見えてくれると思いますが、トイレをトイレでしないということは、ゲージ内が汚れるということです。

ってことは、「衛生面」や「キレイ好き」というところに反するわけです。

こうなると、結果飼っているハムスターが何かに対して、我慢をして結果、「ストレス」を感じる可能性が高いということです。

伸び伸び健康的に快適に飼ってあげたいですからね^^

全然、飼っていて結構時間が経っていても、問題ないので、今からでもやってみてくださいね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・砂の量には気をつけて!

・汚れない適量はコレ!

・注意点

でしたね。

非常に細かい内容だったと思います。

でも、こういうところを気にするかしないかで、全然変わってきますので、是非とも試してみて欲しいです。

先程も言いましたが、
「もう飼って1年経っているしなぁ^^;」
っとか、全然関係ないですよ!

今からやってみる価値はぜんぜんありますから^^

私も、始めて試した子に関しては、
1年位経っていましたし、大丈夫です。

やってみましょう^^

寿命の短いハムスターですので、なるべくいい環境で生活してほしいですもんね。

ではでは、以上です!

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    アーカイブ