ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

ハムスターの赤ちゃんって人工飼育出来るの?母親の突然死に飼い主が出来る対応策は?

time 2017/04/15

スポンサードリンク


ハムスターの赤ちゃんの出産っって、
経験したことはありますか?

私は、3回ほどあります!

そして、産まれてから2週間位経つと、
めちゃめちゃ可愛いんですよ^^

かなり小さいのに、もう立派なハムスターなんです!

「分かりますよね~^^」

しっかりそこまで育てば良いのですが、
育たない場合もあるんです。

これは私は経験したことが無いんですが、
あなたは体験したことがありますか?

母親ハムスターが、出産後に突然死したことを。

私は、今までにそういった経験がないです。

なので、今回はその母親ハムスターが突然死んしてしまった理由や、その後の子供たちの飼育はどうするのか?

要は、人工飼育という対応策ですね。

この辺りを詳しく書いていこうと思います。

今まで大事に育ててきた、
ハムスター(母親)が突然死んでしまった事への悲しみと、残された子供たちのお世話をどうしていくかを考えますよね。

両方、信じられないくらいにどうして良いかわからない状態かもしれません。

ですが、そういう時のこの記事なので、
少しでも、参考になればと思います!

では、見ていきましょう。

スポンサードリンク

出産後の母親の突然死!?

本当に悲しいですよね。

私も、今までにハムスター以外にも、
猫やウサギなどを飼ってきました。

ウサギは2匹、猫も2匹亡くなりました。
ウサギは寿命で、猫は生まれ持った病気でした。
猫の2匹は親子で、病気は「親→子」へ遺伝したみたいで、同じ病気でした。

飼っているペットが死んでしまうと、
何というか、どうして良いか分からなくなるぐらい悲しくなります。

上手く言葉では表せないものです。

なので、その悲しい気持ちは痛いほど分かります。

ハムスターは犬や猫のように、
身体が大きくありません。

大きい種類のハムスターでも、
サイズで見ていくとたかが知れています。

やはり小さいです。

なので、出産という他の動物が、
自然と出来てしまうことでも、
ハムスターにとっては、かなり大変な事もあるってことです。

っというのも、

本当に普段の餌も問題なしで、
運動量も問題なしで、ストレスにも細心の注意を払っていて超健康的なハムスターでさえ、出産後突然死してしまうこともあるそうです。

こればっかりは、人為的なもので完全に大丈夫な状態を作るのは難しいようです。

どんな動物にも向き不向きなことがあるようです。

ただ、この突然死に関して、
完全に防ぐことは無理にしても、
可能性をグッと下げる方法はきちんと存在します。

実は、赤ちゃんの記事で「急死」というテーマで書いた際に、母親のハムスターの予防策たる部分も書いておりますので、良ければこちらでご確認下さいませ。

ハムスターの赤ちゃんが急死!?原因には何が考えられる?

突然にやってくる死が「突然死」です。

なので、その後の対策の方も知っておく必要があるのかも知れなです。

では、突然出産後の母親ハムスターに死が襲ってきてしまった場合、その後の赤ちゃんの世話を人間が出来るのか?

っというお話ですね!

要は人工飼育というアプローチです!

見ていきましょう。

スポンサードリンク

人工飼育って出来るの?

母親ハムスターが突然死んでしまって、
悲しさのあまり、仕事を休んでしまったり、
飼い主の体調にまで、影響したりもします。

その気持ちめちゃめちゃ分かりますよ。

でも、今の状況としては、
目の前に生後間もないハムスターの赤ちゃんがいます。

なので、今はその赤ちゃんハムスターを今後どうやって育てるかを考えなければなりません。

先程も言いましたが、「人工飼育」というやつです。

ほとんどの人が経験したことがない「人工飼育」です。

ちなみに、私も人工飼育時は経験したことがありません。
なので、調べた情報、実際に聞いた情報をまとめていきます。

先ずは、この「人工飼育」が出来るのかどうかですが、結論から言うと、、

「人工飼育は大変難しいです。」
ほとんど不可能と言われています。

獣医さんでもかなり厳しかったりするので、
よほど難しいんだと思います。

やはりサイズが小さいというだけでも、
人工飼育の難易度はかなりあがるみたいです。

でもですよ!

ここで諦めてはいけません!

「難しい」とか、「ほとんど不可能」とか、
完全に無理とは言っていません。

確かに、可能性としては、
非常に厳しいかもしれませんが、
やれることもありますし、

実際に、人工飼育に成功した事例だって、
いくつもあります。

なので、続いては、
その人工飼育の飼主の対応策を、
紹介していこうとおもいます。

まだ、諦めてはいけないですよ!

スポンサードリンク

飼い主の対応策は?

母親ハムスターが死んでしまって、
途方に暮れる時間もなく、

赤ちゃんハムスターをあなたがしないといけない状態になっています。

なので、ここではその飼い主であるあなたが赤ちゃんに出来ることを紹介していこうと思います。

小さな命、何とか大人になるまでつなぎたいですもんね!

ではでは、その方法です。

・ハムスター用のミルクを哺乳器を使い2時間毎に与える。

・牛乳を水で薄めたものを指に付けてゆっくり舐めさせてあげる。

・普通の牛乳にチーズを加えレンジで温め、哺乳機を使い2時間毎に与える。
※チーズはハムスター用で減塩のものを与える!

・ご飯の後は、ぬるま湯に少し浸したガーゼなどで肛門付近を刺激して、排泄を促す
※肛門を濡らしすぎて、後に冷えないように気をつける。

・その時の季節も考えながら、温度や湿度にも気を遣う。

 

こんな感じです。

やはり主には、
餌を与えることがメインなわけですが、
ミルクや、牛乳とかですね。

もちろん先程も言った通り、
成功する確立は低いです。

ですが、やらないわけにはいきません。

それに、生後2週間というところまでいけば、
そこからは、なんとか自分たちでも餌を食べてくれます。

もちろん、普通で考えれば2週間で離乳は早すぎるのですが、ここは仕方ありません。

まだこの方法でご飯が必要な子があるのであれば、やってあげないといけません。

ですが、そこまで育てば一つの希望が見えると言えるでしょう。

はい!

では、こんな感じですが、
やってみる価値は、全然ありますよ!!

もしかすると、この方法で成功するかもしれないんですから。

後、この方法で成功したという事例もあるみたいですよ!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 出産後の母親の突然死!?
  • 人工飼育って出来るの?
  • 飼い主の対応策は?

大きくは、この3点でしたね。

確かに、避けられない突然死や、
難しい人工飼育と、
立て続けに、悩ましいことが起きます。

ですが、ここは諦めずにしっかりと最後までお世話をしてあげるべきなんじゃないかと思います。

人工飼育で、育ててあげられる命かもしれないですから。

なので、諦めずに頑張りましょう^^

ではでは、以上です。

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    アーカイブ