ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

ハムスターの餌はペレットだけでも大丈夫?ペレット選びの3つのポイント!

time 2017/03/27

スポンサードリンク


ハムスターの餌なにあげようかぁ^^

「ひまわりの種?」

「ナッツ系?」

「野菜?」

本当に色々ハムスターは食べますよね^^;

色々あげている時は可愛いのですが、

ふと、我に返った時に、
「ハムスターの健康って、大丈夫かなぁ?」

とか、思ったりしませんか?^^;

いろいろな種類の餌あげすぎてないかなぁ?
って!

飼い始めは、ついつい嬉しくて、
あげちゃいがちなのは、分かりますよ^^;

でも、それが健康や成長の妨げになっていたとしたら、
正さないといけないですね。

では、「何をあげるのがハムスターには一番いいのか?」
ですよね。

健康に良くて、栄養不足にらない餌は何なのか?

それは、ズバリ!!

ペレット」です!

これですね。

っえ!

この美味しく無さそうなやつが?笑

ハムスターでなくてもこれが美味しく無さそうなのはなんとなくわかりますね^^;

でも、これでいいんです!
この理由は、次に説明していきますね。

でも、このペレットだけじゃなぁ。。
分かります!

他の餌を食べているハムスターも可愛いですもんね^^

ですが、餌の基本はペレットが良いんですよ!

ではでは、順にいきましょう。

スポンサードリンク

ペレットとは何か?

っと、その前に、

「そもそもペレットってなに?」
って、感じですよね^^;

存在は知っているけど、具体的には、、、
って、ところもありますよね!

なので、先ずはペレットの事や、ペレットに含まれる栄養なんかも見ていきますね。

ペレットとは、、、

穀類(穀物)などを粉末にして固めたもの。

 
っというのが、ペレットの正体です!

まぁ、穀物なのでイネとかそういう系のものですね^^

さらに、ハムスターに必要な栄養素というのがあるのですが、

それが、

  • 粗タンパク質:18%
  • 粗脂質   :5%
  • 粗繊維   :5%
  • 粗灰分   :7%

これが、必要な栄養素の割合です。

そして、ペレットの入っている袋のパッケージの裏側に、
保証成分」と書いてあるところがあります。

その数値や成分と上の必要成分を比べてみて下さい。

一応の目安にはなると思いますよ!

ハムスターのペレット(総合栄養食)であれば、
これに近い割合になっていると思います。

さらにですが、水分表記が10%以下になっていれば、
硬いタイプのペレットということです^^

ペレットについてと、栄養についてでした。
では、ここからが本題ですね!

餌はペレットだけで大丈夫!

先程も少し触れた通り、餌は「ペレット」だけでも、
全然大丈夫なんです。

そもそも、ハムスターは野生として生息している動物です。

なので、

「ひまわりの種」「ナッツ系」「野菜」などは、
野生のハムスターは中々ありつけるものでは無いですよね。

だから、「ペレット」だけでも全然問題ないんですよ!

それにハムスターは草食性と思われがちですが、
実は、なんでも食べる雑食性の動物です。

本来は、砂漠に生えているような植物やその種を食べていますし、
小さな昆虫や幼虫なども全然食べちゃうんです^^;

雑食性なので、そういった動物性のものも食べて栄養を補っております。

そこで、ペットとして飼われているハムスター達は、
そういった総合的な栄養をペレットで取っているのです。

  • ペレット=主食

 
です!

栄養的に問題なければ飼育できるのは理解できますよね^^

これは、豆知識なのですが、

ハムスターって、そもそも実験体として飼われていたのが、
飼育の始まりです。

ペットとして飼っているので聞き苦しいのですが。

そこで、少しでも健康に長生きして貰う必要があります。

なので、昔から良質なペレットが開発されてきていました。
だからペレットだけでいけるのは理解出来ますよね^^

今では、本当に数多くの種類のペレットが売られています。
毎日あげるものですし、ここでは「ペレットだけでいい!!
みたいなことも言っているぐらいですから、
少しでも良質なペレットをあげたいですよね。

っあ!ちなみに、最近では消臭の効果があるものもあるので、
やはりペレットは飼い主もハムスターも双方得ですね^^

では、続いてはペレットの選び方を紹介していこうと思います。

ポイントは3つですので、簡単ですね。

スポンサードリンク

ペレット選びの3つのポイントの紹介!

ペレットの重要性」や、「ペレットだけで大丈夫」な理由を少しでも理解して頂けたかと思います。

「なら、ペレットの選び方って、どうすりゃいいの?」

って、なりますよね^^;

では、そこの部分を3つのポイントで紹介していきます!

<その1>その中でも硬いペレットがおすすめ!

ペレットにも種類があり、「柔らかいもの」「硬いもの」が、
あります!

「柔らかいもの」は、生後1ヶ月半ぐらいまでであれば、
それメインであげれば良いのですが、

大人になるとそうはいかないんです。

っというのも、ハムスターは自然と歯が、
どんどん伸びてくる動物です。

伸びれば削る必要があります。

上唇に刺さってしまいますからね><

そうなると、飼い主自ら削るにはちょっと無理がある。。
病院に行くぐらいなら、餌で何とか出来ないのか?

そこで登場するのが「硬いペレット」です。

硬いペレットは、結構歯を削ってくれます。
っとは言え、硬いのばかりではなく、
通常の硬さのものと合わせて、
通常:硬い=2:8」位の割合で、
入れてあげても良いかもしれませんね^^

何事もバランスが必要ですからね!

では、続いては2つ目のポイントです。

<その2>見た目よりも質が大事!

先程も触れた通り、今は本当に数多くのペレットがあります。

中には、可愛い形をしたものや、
オシャレなパッケージをしたものもあります。

そういうところに惹かれて飼わないようにして下さい!

それを食べるのはハムスターですから、
やっぱり、を大事にしましょう。

そこで、良質なペレットを選ぶ方法ですが、
パッケージを見るだけでも、良いペレットを選ぶ情報はあったりします。

それが、

  • 「総合栄養食」という表記がある
  • ハムスター専用フード
  • ハムスターの主食

 
この辺りの表記があると、
安心して買える「ペレット」だと言えるでしょう。

今度、ペレットを買う時に、
パッケージを見て見て下さい。

意外と無いものありますから><

では、最後のポイントです。

スポンサードリンク

<その3>製造生年月日・賞味期限をしっかりと確認!

これは、ほとんどの人が確認してないんじゃないかなぁ?
って、思っています。

人間の食べ物と同様、期限関連のチェックは怠らないようにしないといけません。

一番ひどいものだと、製造年月日の明記の無いものなんかもあります。

これは、確実に信用できませんね。。

簡単なことなので、ペレット選びでは是非とも実践して欲しいです^^

ちなみにですが、ペレットは6ヶ月で全てあげるようにしてあげて下さい。
なので、1日であげる量(グラム)を把握しておいて、
買うペレットの量(グラム)を確認して、
賞味期限までに、与えることが出来るかも確認が必要ですね!

特に、1匹飼いの飼い主さんは必須ですね。

ウチには11匹いるので、量の逆算はしないです。笑

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 餌はペレットだけで大丈夫!
  • ペレット選びの3つのポイント!

ペレット」と「」があれば問題ないですからね^^

これを読んで頂けたのなら、今までのハムスターたちにあげている餌の種類の配分を考え直すヒントになればいいです!

ペレット以外の餌は本当におやつですので、
少しで考えてあげて下さいね^^

長生きさせてあげる1番の「コツ」ですよ^^

ではでは以上です。

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    アーカイブ