ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

ハムスターに餌としてじゃがいもを与えて大丈夫?「生のまま」や「皮」って食べれるの?

time 2018/11/24

スポンサードリンク

ペットを飼っていると、専用フード以外のものを与えたくなるのは、なんなんでしょうか?^ ^

でも、基本はその専用フードで良かったりします。

そこで今回はこのような疑問です。

今ハムスターを飼っているんだけど、こんな野菜は与えれるのでしょうか?

ちなみにその食材ですが、、、

じゃがいも

です。

野菜って、その物の知識無しに与えるのは怖いイメージですよね(^_^;)

ただ、ハムスター専用の総合フードの中身を詳しく見てみると、乾燥のじゃがいもが入っている物もあったりします。

なので、ハムスターに餌としてじゃがいもを与えて大丈夫そうな感じはするけど、実際のところはどうなんでしょう。

でも、専用フードは、乾燥しているので何だかいけている感じはしますけど、スーパーなどで買ってくる野菜に関してはどうなんだろう?

って、感じですよね(^_^;)

また、与え方として「生のまま」だったり「皮付き」など、どういった状態であれば食べれるのかも十分知っておく必要があります。

そこまで、難しく無い内容ですが、与えるとなるとかなり大事な内容ですので、ここでしっかりと確認しておきましょう!

では、見ていきます^_^

スポンサードリンク

ハムスターの餌としての「じゃがいも」

早速、ハムスターとじゃがいもについて書いていきたいところなのですが、まずはこの「じゃがいも」について少し触れておこうと思います。

っというのも、
じゃがいもって、結構有害な物質があったりするので、事前にじゃがいもについて知っておく必要があるんです。

で!
そんなじゃがいもですが、
これは、有名な話かもしれません。

じゃがいもの葉・芽・皮層(緑化した皮)には「ソラニン」
3..0と呼ばれる中毒成分
が入っています。

ソラニンとは!?

って、感じですが、要は人間にも動物にも良くない成分があるということです。

分かりやすいように一つ例をあげますと、芽の部分には、ハムスターだけでなく人間でも食べ過ぎると死ぬことがあるくらい猛毒なのです。

例がやばすぎたかもしれませんが、それくらいソラニンという成分は良く無いらしいです。

で、その毒の効果ですが、

運動中枢神経を麻痺させる作用があるようなので、下痢嘔吐など、重症例でいうと人間ですら「」です。

脅かすつもりはないのですが、それくらいの危険性を秘めている食べ物ということです。

ただ、このソラニンという成分の厄介なところは、加熱しても毒性が変わらないということです。

加熱するから芽をとらずに調理するというのなら、やめた方がいいです。

食中毒の危険性があります。

本当にヤバイです。。

で!
実は、身が腐ってカビなんかが生えてくると、別の有毒物質の「セプシン」と呼ばれる中毒物質まで発生します。

このセプシンもソラニン同様に良くない物質です。

こんな感じだと、じゃがいも与えたくなくなりますね(^_^;)

そこで、次の章がいよいよ、与えても大丈夫なのか?

という部分です。

スポンサードリンク

じゃがいもを与えて大丈夫?

ようやくここに来て本題です。

ここまでの流れからだと少しあげたくない感じはしますが、今回は与えても大丈夫なのか?

というところが大事になるので、その辺りはご理解くださいませ^ ^

で!
実際のところですが、、、

  • 食べても問題ありません
  • という感じですね。

    意外というべきなのか、何なのか不思議な感じです。

    ただ、じゃがいもはハムスターに対して、特に栄養の高い野菜ではありません。

    なので、栄養価の部分でもイマイチです(^_^;)

    しいて言えば、糖質だけは比較的高めです。

    でも、これはペレットで十分補えます。
    ペレットは栄養満点ですからね^ ^

    良ければ、こちらもどうぞ!

    ハムスターの餌はペレットだけでも大丈夫?ペレット選びの3つのポイント!

    極め付けとして、じゃがいもは腹持ちがとてもいいので、万が一じゃがいも好きなハムスターになった場合、じゃがいもを食べてお腹一杯になり、ペレットを食べてくれない。

    などという事態になる可能性のある、食べさせてもあまりメリットない食べ物です。

    さらに、先程の紹介にもある通り、毒性の強い有害成分もあるので、食べても大丈夫だけど、意味はない。

    みたいな感じですね。

    こういう話は、「食べた方が身体にいいんです。
    的な感じでまとめたいんですが、しかたないですね(^_^;)

    そして、もう一つ!
    じゃがいもには「生や皮」という状態もあります。

    万が一食べるとなるとどういう状態ならいいのか?

    この辺りも知らないと怖いので、しっかりと見ていきましょう!

    「生や皮」の状態って食べれるの?

    では、この「生や皮」が食べれるのか?

    というところですが、結論から言うと、

  • 基本的にはあげないほうがいいもの
  • です。

    まぁ何となくダメなのは分かりましたね(^_^;)

    毒物事態が、熱に弱いのが多いのに対して、「生や皮」は、ヤバイですよね。

    また、与えるための注意点というのもあるので、この辺りも見ていきます!

    では、最後です。

    与える時の注意点

    では、最後の注意点です。

    簡単にまとめて書いちゃいますね。

    先ずは、与え方としての注意点は、

  • 与えるのであれば必ず茹でた方が安心
  • です。

    あくまで安心というだけなので、完全に大丈夫ではありませんので、十分に注意が必要です。

    万が一、生の状態や皮付きで与えた場合、もしくはソラニンによる中毒症状の例ですが、

  • 頭痛
  • 下痢
  • おう吐
  • 腹痛
  • めまい
  • などです。
    先程も少しご紹介しましたが。

    ハムスターにしてみると、その状況がどう当てはまってあるか分かりませんが、とにかくものすごく体調を崩すでしょう。

    身体も小さいハムスターですから、負担は計り知れません。

    十分な注意が必要です。

    っと、最後におまけです。

    ここまで食べれるけど、オススメは厳しい「じゃがいも」ですが、唯一活躍出来る時があります。

    それは、

  • 食欲不振や闘病中の時には、他の食材と混ぜて団子を作る繋ぎ材料にはなり得る
  • かもしれません。

    もちろんこの場合も茹でてあります!

    本当に与えるには十分な注意が必要なので、あまり率先して与えなくていいかもしれないですね^ ^

    まとめ

    いかがでしたか?

    何とも言えない、ハムスターには不向きな野菜でしたね(^_^;)

    ただ、じゃがいもは熱に対する耐性もあるので、ビタミンCが多く含まれていて、本来は健康食材なんです。

    でも、ハムスターに与える野菜としては、正直適切であるとは言えないんですね。

    しかも、ビタミン系は他の野菜や果物、総合フードなどで、安全に補うことが出来るので、先程お伝えした通り、ハムスターに対してはオススメではないです。

    じゃがいもは、人間にとってはなくてはならない食材かもしれませんが、ハムスターにしてみればそんなことはないんですね。

    万が一与える時は、本当に注意が必要です。
    十分にお気をつけくださいませ。

    ではでは、以上です。

    じゃ~ね~^^

    スポンサードリンク

    down

    コメントする




    ブログランキングに参加中♪