ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

チンチラが抱っこをさせてくれない。嫌がる理由と上手な抱っこの方法とは?

time 2018/10/25

スポンサードリンク

最近飼い始めた小動物のチンチラ。

チンチラに問わず、「抱っこ」ってしたくないですか?
せっかく、ペットとして飼っているのだから、「抱っこ」をしたい!

と、思うのが自然な流れです。
一緒に遊びたいですしね^ ^

参考:https://bit.ly/2PTCvHR

ただ、チンチラを抱っこをしようとすると、どうやら嫌がっているような気がする。

抱っこをさせてくれない。

なぜなんだろう。

まぁ上手く抱っこを出来なければ、悲しい気持ちにもなります。

だからこそ、嫌がる理由上手な抱っこの方法を知りたい!

ここを今回は上手い事書いていこうと思います。

しかも、この抱っこに関しては、飼い主とのスキンシップだけではなく、ケージの清掃病院に連れていく時などは、抱っこをする必要があるのである程度慣れておかなくてはいけません。

だから、知っておく必要があるんです!

っと言うわけで、見ていきます^_^

スポンサードリンク

抱っこが嫌な理由はなぜ?

では、先ずはそもそもなぜ抱っこが嫌いなのか?

を、見ていきます!

ここが分からないと話が進まないですもんね(^_^;)

チンチラというのは、

  • 背中や上部、視界から見えない所から触られるのはとても嫌がる
  • のです。

    要は、自分の視界外からのスキンシップが特に苦手です。

    ビックリしてしまいます。

    なので、基本的に抱っこ自体を嫌がるようになったみたいです。

    当然ですが、無理やり抱っこされるのはとても嫌がります。

    恐らく、即座に嫌われてしまうレベルだと思いますので、無理矢理は、絶対にやめましょうね。

    結局のところ、怖がりなので、抱っこという最上級のスキンシップは、そもそも得意では無いと言うことを前提に考えた方がいいです。

    でも、接し方次第で物凄く仲良くもなれる頭の良い生き物がチンチラですので、安心してくださいね^_^

    せっかく飼っているのだから、仲良くスキンシップを取りたいのは私も一緒です!

    ですので、続いては上手に抱っこをする方法というのを見ていこうと思います。

    上手な抱っこの方法とは?

    はい!
    では、抱っこがそもそも苦手であるチンチラですが、チンチラの気持ちを考えてあげる事が出来れば、上手に抱っこをする事が出来ますので、しっかりとここでは見ていきましょう^ ^

    ては、一応2パターンの抱っこの仕方をご紹介したいと思います。

    2パターンもあればどちらかで上手く慣れてくれると思うので^ ^

    先ず一つ目です。

    パターン1

    抱っこする時は向かいあって必ず目線がこっちを向いているときに行います。

    これは、先程の視界外からのスキンシップをなるべく緩和するためにこのような視線で行います。

    両手を広げて手の上に乗るのを待ちます。

    ここはあくまで待ってあげます。
    チンチラのペースに合わせてあげるのが大事ですからね。万が一中々難しいようでしたら、おやつなどで誘導するのも一つの手段です。

    手に乗ってくれたら、下からすくい上げるように持ち上げます。

    ゆっくり持ち上げましょう。
    いきなり持ち上げてしまい恐怖心が出てしまうと、手のひらは怖い印象がついてしまいます。

    持ち上げたらすぐに自分の胸元に寄せて安心させましょう。

    抱っこをすると、安心してくつろげる場所!
    っというイメージを持ってもらう事が大切です。守られているイメージというのも良いかも知れませんね。

    片手で胸元を支え、もう片方の手に後ろ足を乗せてしっかりと安定させるようにしてください。

    最後は包み込む感じになるので、人間の赤ちゃんを抱くイメージに近いかもしれないです。
    ここでの安定感も忘れずに^_^

    っと!
    こんな感じがパターン1の抱っこの仕方です。

    何よりも安心で安定した抱っこで接してあげるのが重要です。

    では、続いてパターン2ですが、心構えは原則同じなので、そんなに難しくないです。

    見ていきましょう^ ^

    パターン2

    抱っこする時は向かいあって必ず目線がこっちを向いているときに行う。

    ここに関してはパターン1と同じ感じですね。

    足とお尻を手のひらにしっかり乗せてあげて、お腹の部分は支えるだけです。

    ここに関しては、足とかお尻が不安定で、怖がって飛んで逃げようとしてしまうので、あまり良くないと言われる方もいますが、①をしっかりと行えば問題ないです。
    突然、触れば暴れる可能性があるので、ここは気をつける点です。

    自分の体にしっかりと寄せてあげると、より一層落ち着く感じです。

    このパターン2は、これで最後ですが、やはり最後は飼い主さんの方に寄せてあげて安心させる感じになりますね。

    ここまでが、抱っこを上手くやる方法の2つでした。

    より実践的ですので、抱っこが上手くいっていないのであれば、是非とも試してみて頂きたいです!!

    では、最後に注意点を書いていきます。

    抱っこをする上での注意点!

    最後の注意点ですが、

    やはり抱っこに対しての注意点は怪我関係がほとんどだと思いますので、ここを見ていこうと思います。

    では、3つのポイントに分けて考えていきます。

    チンチラが暴れて落ちてしまう事

    抱っこをする時は、落ちてもケガをしないような高さで抱っこをする

    立ちながらではなく、しゃがんだ体勢で抱っこをする

    この3点です。

    基本的な事かもしれませんが、慣れてきた頃にやってくる事故も多いので、気をつけたい部分です。

    やっぱり、チンチラも抱っこ中にビックリする事があれば、暴れる事もあるので、そういった時への予防として、この3点を抑えておきましょう^ ^

    安全にチンチラと仲良くしたいですしね!

    では、まとめます。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    チンチラは、意外にも抱っこがそもそも得意ではありませんでしたね(^_^;)

    でも、それはチンチラの特性を理解すれば解決が出来て、上手に抱っこが出来るんです^ ^

    その方法も2つご紹介したので、是非とも試してみて下さい。

    これからのチンチラとの楽しいスキンシップを過ごせるように頑張っていきましょう!

    ではでは、以上です。

    じゃ~ね~^^

    スポンサードリンク

    down

    コメントする




    ブログランキングに参加中♪