ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

【モルモットの餌】チモシーでおすすめの種類はどれ?柔らかいタイプは餌としてどうなの?

time 2018/06/20

スポンサードリンク

突然ですが、モルモットにあげるチモシーって、結構色々種類がありますよね?

悩みませんか?

モルモット専用のチモシーって、結構少ないんですよね。

なので、「小動物全般に使ってねー!!

みたいな感じですので、
ウサギとかモルモットとか、チンチラとかに使ってあげられるものなんですよ。

参考:https://goo.gl/y1teJ1

少し話は逸れましたが、

あれって、どれがおすすめの種類なの?

結構種類もありますからね(^.^;

しかも、

その中で柔らかいタイプや硬いタイプとかもあるけど、それってどうなんだろう?

モルモットは歯が伸びる生き物です。
当然、げっ歯類であるモルモットは気になるところですよね。

そうなるとこういう餌はどっちがどうなるのでしょうか?

しっかりと、歯を削る機能は果たしているの?

モルモットは歯がどんどん伸びる生き物ですので、主食とされているチモシーの事は、とっても大事です。

ですので、今回は、

・おすすめ種類は?

・「柔らかいタイプ」と「硬いタイプ」は餌としてどうなの?

 

この辺りをしっかりと見ていこうと思います。

では、しっかりと見ていきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ種類は?

先程もお伝えした通り、

本当にペットショップになんかに行くと結構な数のチモシーが売られていると思います。

なので、ここでおすすめのチモシーをいくつかご紹介出来ればと思います。

正直私は、昔にウサギも飼っていたこともあるので、チモシーに関しては結構詳しいんですよ^^

色々試してみた結果、
歯の具合」や、「食いつき」などがモルモットにもとても重要なので、ここで一緒に見ていきましょう。

ちなみにですが、
コレは、私が実際に使っていたチモシー、もしくは今も使っているチモシーのご紹介になるので、是非とも使って頂ければと思います。

おすすめのチモシーその1

先ずは、1つ目のチモシーのご紹介です。

コレは、今も2歳になるうちのモルモットが食べているチモシーになります。

NEWフレッシュチモシー

↓楽天にリンクします。

このチモシーは、全体的にたんぱく源や他の成分も比較的少ないので、ダイエットなどを考えている場合などに特に良いんです。

後、モルモットなどの小動物の「肥満」は、命に関わる場合もあるので、事前に気を遣って、コレを個人的にあげ続けています。

ちなみにですが、チャック付きなので、輪ゴムとかで封を閉じる必要もないので、その辺りもとても使いやすいと思います。

本当に結構モリモリ飽きずに食べてくれるので、おすすめです^^

おすすめのチモシーその2

続いて2つ目です。

このチモシーは、繊維質の成分が多いので、歯が伸びがちの子にとてもおすすめです。

パスチャーチモシー 450g

↓楽天にリンクします。

コレは、使った私自身の感覚にはなりますが、他のチモシーに比べてとても新鮮のように感じます。

他と比べて、牧草感といいますか、チモシー1本1本がとても「パリッ」としている感じがしてとても良いですね。

なので、食いつきも抜群にいいです。

実際にお値段も他のチモシーに比べて少し高いので、そのせいでかもしれないですね(^.^;

では、最後のチモシーです。

スポンサードリンク

おすすめのチモシーその3

では、最後です。

このチモシーは、たんぱく源や繊維質が多いタイプのチモシーになります。

ですので、「食欲が少ない場合」や、「体の発育の途中段階」の時におすすめです。

私の場合は、飼い初めの半年くらいまでこのチモシーを使っていました。

香りきわだつ おいしいチモシー

↓楽天にリンクします。

商品名にもあるように、とても牧草の香りがあるチモシーです。

モルモット達からすると、とてもいい香りなんだと思います。

先程のチモシー同様、繊維質がとてもあるので、歯の伸び過ぎ予防にもなるので、結構万能なチモシーとも言えるでしょう。

では、続いて見ていきますね。

「柔らかいタイプ」と「硬いタイプ」は餌としてどうなの?

チモシーをいくつもの種類を試していく中で、ひょっとすると気付くかもしれません。

・柔らかいタイプ

・硬いタイプ

 

です。

この2タイプはどっちの方が良いのでしょうか?

歯のことだったりを考えると結構重要ですよね。

ただ、先に言っておくと、
実際にパッケージを見ただけでそのチモシーが「硬い」のか「柔らかい」のかは分からないです。

商品名にそういった文言があるものもありますが、商品自体は実際に触ってみないと分からないですね。

で!
早速どちらがいいのか?

ですが、コレは賛否が分かれるところなので、私の個人的な意見ですが、

・硬い方がおすすめ

 

です。

ちなみに、先程ご紹介した3種類も比較的「硬いタイプ」のチモシーになりますしね。

理由は簡単です。

硬いタイプ」は何度も言っている通り、

歯の伸びるのを抑制してくれるので、とても便利でモルモットの健康を考えられていると思います。

その逆の立ち位置にいる
柔らかいタイプ」は、

歯を削りにくいだけでなく、余分な空気中の水分を少し多めに吸収するような気がして、実際に使っていて日持ちがしにくいように感じました。

※あくまで個人的な意見です。

なので、結果的に、

・硬い方がおすすめ

 

ということになります。

ただ、毎日あげる主食がチモシーになるので、色々とそのモルモットに合ったものを探しながら与えるのも一つの手だと思います。

もし、あまり失敗したくないのであれば、私のおすすめした3種類から選んで頂いても全然いいと思います。

是非ともご参考にしてみて下さい。

では、まとめます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・おすすめ種類は?

・「柔らかいタイプ」と「硬いタイプ」は餌としてどうなの?

でしたね。

チモシーというのは、モルモットのご飯の主食になります。

なので、なるべく早めに適正な物を選んでいきたいものです。

先程ご紹介した3種類は一応、おすすめの用途のシーンは書きました。

どれも本当に良いチモシーなので、どれを選んで頂いても正直問題ないですよ^^

もし考えが中々固まらないのであれば、先ずはこの3種類から試してみるのも悪くないかもですね。

ではでは、以上です。

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




ブログランキングに参加中♪