ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

モルモットの飼いやすい種類とは?値段がお手頃で初心者向きの種類はコレ!

time 2018/06/18

スポンサードリンク

最近では、本当にモルモットの人気が凄いように思います。

それもあってか、結構色々な種類のモルモットが売られているペットショップさんも増えてきています。

もちろん、まだまだ他のペットに比べるとマイナーなペットなのかもしれません(^.^;

実際、飼ってみると見た目だけでなく性格も全部可愛いですからね!

種類が違えば「性格、サイズ、毛並み」それに「飼いやすさ」も違います。

それに、そのすべての種類のモルモットをペットショップで飼うことが出来るわけではありません

ですので、今回はここで、

その数ある種類の中で飼いやすい種類は一体どれなんだろう?

という点について見ていこうと思っております。

やはり初心者の方は、何もかもが初めてになりますよね。

なので、比較的問題なく育ててあげられるような種類の子を選んだ方が、モルモット自身も安心して成長してくれると思います^^

そうなると、

初心者さんが飼うのに1番飼いやすい種類はどれなんだろう?

これも絶対に思うと思います。

なので、
ここも詳しく見ていこうと思います。

ですので、今回は、

・モルモットの特徴について!

・初心者向きで1番飼いやすい種類は?

・ペットショップで売られている種類は?

 

この辺を見ていこうと思っております。

おまけ」的な内容もありますが、
ここもついでに見て頂ければ少しはお役に立てるかと思いますよ^^

まぁ、私もモルモットを飼ってるわけですが、種類選びはあくまで、そのモルモットの「性格や大きさ、毛並み」という、ある程度の指標にしかなりません。

でも、そのある程度の「飼いやすさ」は結構大事だと思っていますので、しっかりと読んで頂ければと思います。

では、一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

モルモットの特徴について!

では、早速見ていきたいのですが、
その前に一つ考えて頂きたいことがあります。

そもそも、ペットとしてどういう動物なんでしょうか?

飼いやすいのか飼いにくいのか?

モルモットは、そもそも

とても臆病で警戒心が激しく、なつきにくい性格

 

なんですよ!

結構意外ですよね(^.^;

なので、ここまでだと、「飼いにくそう」ですよね。

でも、動物園の「触れ合いコーナー」とかにモルモットっているじゃないですか?

で!そこで慣れている子は、

・動き回ったり

・餌をもらったり

していると思います。

でも、基本的にはそうでない子がほとんどです。

ですので、今回は、
初心者さんでも「飼いやすい種類」を上手く見つけることが出来るように書いていきますので、是非とも最後まで読んで頂ければと思います。

余談ですが、モルモットの愛称で、「テンジクネズミ」という名前だったりします。

漢字で書くと「天竺鼠」になります。
これは、モルモットの和名と思ってもらって良いと思います。

では、次が本題です。

飼いやすいのはどの種類?

早速、見ていきますね^^

一応、私の方でおすすめ出来そうな種類を「3種類」ほど考えているので、そちらをご紹介できればと思っております。

どの種類ももちろん可愛いのですが、
選ぶポイントなんかも書いていきますので、そちらもご参考にして頂ければ幸いです^^

では、その3種類を見ていきますね!

イングリッシュモルモット

参考:https://goo.gl/wZyVjH

私の家でも飼っている一番標準的なタイプのモルモットですね。

結論から言うと、

とても飼いやすいです。

っというのも、
理由がしっかりとありまして、

・性格がのんびり

・なつきやすいのが特徴

・初心者でもとても飼いやすい

 

っというところです。

後は、値段も安いので、そこはおまけ程度かもですが、ポイント高いかもしれませんね^^

モルモットがペットショップにいれば確実にいる種類ですしね。

ちなみにですが、
このイングリッシュモルモットの値段は、

・3,000円~5,000円前後

 

です。

その中には、もう少々お得に売られているケースがあります。

例えば、2,000円などで売っていることもあり得ますが、そこまで安いのは稀ですね^^;

で!

頻繁に動物園等でも数多く飼育されている種類がこの種類なんですね。

なので、
裏を返せば触れ合うことに適している!

ということなのかもしれません。

モルモット自体がなつきにくいので、その中でも「なつきやすい」は「飼いやすい」に繋がりますしね。

ついでにですが、名前のルーツは「短毛種」であるということもあって、

ショートモルモット

という様な名前がつけられました。

ショートモルモット」は飼育用にかなりの時間を使って品種改良された種類となります!

なので、一番モルモットのペットとしての歴史が深い種類と考えられています。

スタンダードなんだけども、誕生以前は結構な時間がかかっているということです。

このおかげで、非常に流行っている人気の種類となっているのです^^

ショートモルモット」によって派生した種類がほとんどで、「色んな毛色」や「毛の長さ」を持つことが、種類ごとの「特徴」になるでしょう。

それが、残りの2種類を紹介していく子たちになりますよ!

ではでは、
続いての種類も見ていきましょう!

スポンサードリンク

アビシニアンモルモット

参考:https://goo.gl/Fk7d23

こちらのモルモットは、「イングリッシュモルモット」という種類のモルモットです。

この種類は、先程の種類と同様に、大体がペットショップで売られている一般的な種類ですね。

こちらも割と定番の種類で、
人気もとてもあります。

で!

一番大事なポイントの「飼いやすさ」という部分なのですが、

先程ご紹介した「イングリッシュモルモット」の毛の長いタイプだと、思ってもらっていいと思います。

なので、比較的「飼いやすい」です。

で!その飼いやすいポイントも、

・なつきやすい

・性格温厚

・初心者におすすめ

 

です。

こういった感じであれば、
初心者でも飼いやすいですよね^^

ただ、先程のモルモットは別名「ショートモルモット」というだけあって、毛が短いので何かの理由で体を汚してしまった時のケアもやりやすいです。

でも、今回のこの「アビシニアンモルモット」という種類モルモットは、手入れに対する少しの手間と、慣れの部分のスキルがいるので、そこの差くらいですかね(^.^;

でも、まぁ全然難しくは無いので、毛の長さの好みの範疇かと思います。

ちなみにですが、
こちらも別の愛称があります。

それが、

この毛の長さの特徴から通称、、、

巻き毛モルモット

という風にも言われているのです。

少してきとうにも思える愛称ですね。笑

そこでおまけですが、
毛の長さは「4~5センチ」くらいです。

結構長いですよね(^.^;

で!
一応飼う上での判断基準としてこの種類のお値段ですが、、、

・5,000円~7,000円

 

コレくらいが相場になってきます。

ショートモルモット」と比べてちょっとだけお値段高いですね(^.^;

少しと言っても、
倍くらいの値段はしますが。。

でも、その可愛い特徴として、
少し癖のある長毛が持ち味です。

本当に愛くるしいですよ^^

そして、この種類の特徴としては、観賞用に品種改良された種類となっておりますので、

巻き毛が多いものになればなるほど希少価値が高い

と言われています。

さらには、毛並みが左右対称だと、
他よりも観賞価値が高いというような判断基準になるので、より一層お値段も高くなるそうです。

ただですね、先程も書いた通り、
ショートモルモット」との差はほとんど見られません。

なので、
本当に好みという感じでしょうか?^^

では、最後の種類です。

テディモルモット

参考:https://goo.gl/wZyVjH

こちらのモルモットは、「テディモルモット」という種類のモルモットです。

この縮れた毛が特徴的なモルモットが「テディモルモット」です。

この縮れた毛の感じが可愛いんです^^

ペットショップでよく見かけるようになったのは、おそらくここ最近ですね!

紹介の上の写真では、毛の色は「白&茶」ですが、私がペットショップでよく見かける色は「ミルクティー」のような色合いの子です。

このタイプの色は個人的に好みなので、めちゃくちゃ可愛いと思っています^^

で!

今回の大事なポイントの
飼いやすさ」の部分ですが、

・穏やかで大人しい

・感情表現は比較的豊か

 

です。

なので、割りかし「飼いやすい」方です。

ただ、今までの2種類に比べて、飼い主さんとの慣れるまでの時間は少しかかるかもしれません。

こういった可愛いクリクリの毛並みが理由で、「牧草やうんちの汚れ」が毛に絡み付くといった強烈な自体にもなりそうです(^.^;

なので、
ほんの少しのデメリットもありますが、

ここで選んだ理由は、

・ペットショップでしっかりと買える

・圧倒的に他の種類よりも私自身が好み

 

だという点です^^

生で見ると色合いもキレイなのでおすすめです。

で!
おなじみのお値段ですが、

・12,000円~15,000円以上

 

です。

今までに比べれば、
かなり高いかもしれません。

一番ベーシックな「イングリッシュモルモット」と比べ全然違いますよね。

ただ、この「テディモルモット」というのは品種改良の段階で突然変異が起こり、こういった毛並みの種類の子が生まれたそうです。

どの種類も基本ベースは「イングリッシュモルモット」というわけです。

そこで、この種類というのが、
イングリッシュモルモット」と「アビシニアンモルモット」を掛け合わせて誕生した種類になると言われています。

ですので、今までの2種類に比べて少し個体差があるみたいで、毛質やツヤが異なってくるそうです。

毛のクリクリ具合が違ったりとか、色の突然変異とか、そういったことだと思います。

まぁ明らかに珍しい種類ですし、
そうなりますよね^^;

ちなみにですが、

別の愛称では「キャビー」なんて、呼ばれていたりします!

テディモルモット」という名前でなくて、「キャビー」という名前で販売されていることもあるようです。

更には、クリクリの毛並みから、

ぬいぐるみみたい!

っということで、この名前(テディモルモット)と名付けられたそうです。

名前の由来もファンタジー系ですね(^.^;

ただやはり、元々の複雑な品種改良の影響もあってなのか、少し臆病で神経質な部分も持ち合わせております。

なので、少し人に慣れるまでは多少の時間はかかるみたいです。

っと、ここまで3種類をご紹介してきました。

いかがでしたか?

無難な3種類だったかもしれませんが、理由もしっかりとあるので、選んで頂ける内容だったかと思います^^

では、続いての内容です。

初心者向きで1番飼いやすい種類は?

結局、初心者さんでも問題なく「1番飼いやすい種類」が「飼いやすい」訳なんですよ。

なので、先程ご紹介させて頂いた3種類の中で決めたいと思います。

でも、ここで選ばれるモルモットは、
他にいる数十種類のモルモットを含めても今から選べれる種類の子が「1番飼いやすい」かと思いますよ^^

実際に、私も飼っていますが、
とても飼いやすいです。

で!
その種類は、、、、

・イングリッシュモルモット

 

です。

やはり、

・性格がのんびり

・なつきやすいのが特徴

・値段もとても安い

です。

これだけの条件が揃っているので、「飼いやすい」こと間違いないですよ^^

先程、ご紹介して残りの2種類ですが、

・アビシニアンモルモット

・テディモルモット

 

は、まぁ飼いやすいですが、
毛の長さの兼ね合いなどがあるので、
その部分を全く問題としないのであれば、全然ありです。

ただ、ここでの1番は、

・イングリッシュモルモット

 

と、させて下さい!

まぁどの子を飼っても可愛いので、
安心して下さいませ^^

では、続きを見ていきましょう。

ペットショップで売られている種類は?

では、最後の項目ですね。

いくつも色々とご紹介してきましたが、結局ペットショップに売られていないと買えないので意味が無いですよね(^.^;

なので、最後は、

ペットショップで売られている種類

を簡単におさらいしていこうと思います。

もちろん、日本中探せばかなり珍しい種類も手に入るかもしれませんが、それでは意味が無いですよね(^.^;

なので、比較的どういったペットショップでも販売されているような子をご紹介できればと思います。

で!
やはり珍しい種類は結構育てるのが難しかったりするので、「飼いやすい」という点から少しずれそうですし。

では、分かりやすく箇条書きで見ていきますね。

・イングリッシュモルモット

・アビシニアンモルモット

・クレイステッドモルモット

・テディモルモット

・スキニーギニアピッグ

この5種類が比較的ペットショップで売られていると思います。

先程ご紹介した3種類はしっかりと入っていますし、飼うことが出来ます^^

ここまでご紹介しておいて、
全然ペットショップに売っていなければ意味わかりませんしね。笑

でも、見慣れない名前の種類もいるかと思います。

ここでは、一応「飼いやすい種類」をメインに書いていく記事になるので、もし他も詳しく気になるようでしたら、下記記事を読んでみて下さい!

モルモットの値段の相場はいくら?種類によっての値段の違いはあるのか?

では、ここまでとなります。

まとめますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・モルモットの特徴について!

・初心者向きで1番飼いやすい種類は?

・ペットショップで売られている種類は?

でしたね。

やっぱり初めは、「飼いやすい種類」を検討されるのがおすすめですね。

初心者さんだと特に、値段なども結構重要なポイントにもなってくると思いますので、十分に参考にされて頂ければと思います。

いきなりお世話が難しい種類を飼うと、結構大変ですしね。

犬や猫のようにまだまだありふれたペットでは無いので、そこはしっかりと元気に育ててあげれるように、「飼いやすい種類」を選んであげましょう。

ではでは、以上です。

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




ブログランキングに参加中♪