ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

モルモット用のケージはどれがおすすめ?大きさや値段も考慮したベストなケージはコレ!

time 2018/06/06

スポンサードリンク

最近、モルモットの人気凄いですよね^^

昔に比べて、ペットショップなんかでも結構色々種類が売っていたりします。

選びやすくもなり、飼いやすくもなったと思います。

でも、まだまだマイナーなペットかもしれません^^;

いざ、飼おうと思っても何を揃えて良いのか。。。

って、なると思うんですよ。

そこで、ペットを飼うのに一番大事な「ケージ」について今回書いていこうと考えています!

飼ったことないペットだと、
モルモットに限らず、

ケージのおすすめはどういった物なんだろう?

って、思いますよね^^

良いケージの条件なんかはあるの?

こんな感じでケージについて詳しく知りたくなると思います。

そこで、今回はモルモットについて!
って、ところになります。

もちろん、私もモルモットは飼っていますし、ケージは結構悩みました!

なんてたって、モルモット専用のケージが少ないからです。

なので、こういった部分から見ていく必要があるんです。

ケージのベストな大きさはどれくらいなんだろう?

ケージの値段はいくら位するの?

まぁ基本的な内容ですよね^^;

でも、小動物の代表格である、
うさぎ、ハムスター」とは違いこの辺から詳しく見ていく必要があるんです。

で!
今回は、

・おすすめのケージの条件とは?

・ベストな大きさは?

・ケージのおよその値段の相場は?

 

です。

少し定番の中身かもしれませんが、大事ですので一緒に確認していきましょう。

では、いきましょう。

スポンサードリンク

おすすめのケージの条件とは?

先ずは、ある程度の条件というのを知っておかないといけませんね。

でも、全然難しいことは無く、
ここでは簡単にモルモットの特性なんかを入れながら、オススメしていきます。

なので、

なるほど!!

っと、思ってもらえるように書いていこうと思いますので、一緒に見ていくようにしましょう。

で!

そもそもなのですが、
モルモット自体が、高く飛びあがることが難しいため、ケージにおいてさほど高さに関して重要ではないのです。

体型はずんぐりむっくりしてますしね。笑

また、モルモットは長期に亘って家畜として飼育されていたので、性格自体も「大人しく強烈な動きも不要」なのです。

なので、基本的にはとても「温厚」な生き物に当たります。

実際にうちにいる子も、
とても大人しいですし、なつきやすいので、
可愛いだけでなく、飼いやすいですよ^^

もちろん、ケージが大きければ、モルモットはより一層ストレスなく生活することが出来ます

また、高さの基準は後ろ足で立った時に、手が届かない位置の30センチくらいあれば問題なしですね。

大体がこの目安が良いですよ^^

ロフトだったりがセットされているケージも売りに出されています。

ですが、モルモットが落下して「ケガを負ってしまう恐れがある」ので、セットし無いようにするのが安全ですね。

どうしても段差を付けたいのであれば、木箱などを置くといいかもしれませんね。

木箱の上を上り下り出来るので、
とてもオススメです。

ちなみに私は、コレを使っています。

↓楽天にリンクします

とびばこハウス

この跳び箱の形をしたとびばこハウスですが、結構色々なメリットがあるんです。

・見た目が可愛い

・かじり木にもなる

・隠れられる

・上り下りが出来る

 

です。

2,000円弱しますが、十分な価値はあると思いますよ^^

では、続きです。

金属製のケージを買うのならば、「ウサギ用や小動物用のケージ」などもおすすめしたいと思います。

衣装ケース」であっても代用可能ですが、金属製のケージと比較すると、「通気性が悪くで不潔」になりやすいですから、「衛生面」で気を付ける必要があります。

もちろん、普通のケージでも掃除を怠れば、一気に汚れますので、結局はどのケージでも同じく気をつける点かもしれないですね。

WEB通販」や一部の「小動物専門のペットショップ」だと海外製のモルモット専用ケージも売られていますので、お気に入りのケージがあれば確認してみるのも悪くないですね。

なので、今回のこの条件をまとめると、

・ケージの高さは重要ではない

・高さは、30センチくらいあれば問題なし

・大きい方がストレスを感じづらしかも

・ロフトなどのオプションいらないかも

・衛生面の配慮

 

コレくらいですね。

で!!

これらの条件を踏まえてオススメできるのは、こんな感じでしょうか?

↓楽天にリンクします

SANKO はじめてのモルモット飼育セット

コレのオススメしやすいポイントは、
やはり、初めてモルモット飼う時に必要なものがほとんど入っていて、すぐに飼うことが出来きます。

なので、慣れてきた頃に、少しずつアレンジを加えていけば、これをベースに色々と進めていくのがかもしれませんね^^

あと、もう一つだけ紹介しておきますね^^

↓楽天にリンクします

マルカン クリアケージ

このケージの対応動物が、
ウサギ、チンチラ、モルモット、フェレット」と、少し大きめの小動物が対象なので、万能なケージというところが伺えますよね。

このケージのいいところは、三角トイレを置いて、お水やご飯、寝床を置いてもまだまだ十分な余裕があります^^

キャスター付きなので、移動なんかもとても楽なので、ケージの下の掃除機も楽々済ませれますよ^^

などと、一応2つのケージをおすすめしましたが、こんな感じです。

本当に使いやすいので、良ければご参考下さいね^^

では、続いてです!

スポンサードリンク

ベストな大きさは?

先程の条件の時に、やんわりと触れた部分かもしれないですね^^

でも、具体的なサイズはまだ言っていなかったと思いますので、もう少し詳しくここで書いていこうと思います。

モルモットが暮らすための、
ベストな大きさ」というのは、

ケージ自体は、モルモットがゆったりと暮すための居場所であるので、

・くつろいだり

・寝そべったり

・ご飯を食べる

 

することが出来るスペースがあるのなら大丈夫です。

最低限の事のように思うかもしれませんが、先程ご説明した通り、モルモットは「とても温厚」な性格です。

なので、問題ありません。

飼うのが1匹の際は、

・幅60センチ以上、奥行き35センチ以上

 

これを確保出来れば、悪くはないと思います。

あまり小さすぎると「ストレス」になるかもしれないし、大きすぎてもあまり意味がないです。

なので、このサイズを一つの基準として検討して頂けると幸いです^^

ちなみに、先程紹介した2つは、このサイズの条件をしっかりとクリアしているので、特にいいかもしれないですよ。

では、続いてです。

ケージのおよその値段の相場は?

先程は、「ケージの大きさ」について見ました。

ですので、続いては、

ケージの値段

についてみていこうと思います。

ケージを選ぶ動機として、
必ず「お金」は関わってくるので、
ここもしっかりと見ていった方が良いですね!

で!

やはり、ケージは結構まとまった値段がするので、飼い主さんになろうとしているあなたも注目しているポイントだと思います。

私自身も実際に買う時に色々調べましたしね(^.^;

おすすめのケージ自体は、先程ご紹介した2つのケージで概ね問題ないかと思います!

とにかく

使いやすい」&「飼い始めやすい

ので。

そこで、早速ですが、
このモルモットのケージの相場が、

・6,000円~15,000円

 

大体これくらいです。

もちろん、あくまで相場なので、
そのケージの良し悪しは一切無視している価格帯のご紹介です。

ただ、私自身が色々なケージを見てきた中で思うことは、

あまり安いものに関しては、、、、、

こんな感じのリアクションです(^.^;

値段の高い良いケージというのは、

生活の過ごしやさ」はもちろんのこと、「サイズ感」や「機能性」、「掃除のしやすさ」などなどメリットが本当に豊富です。

なので、モルモットにとってのケージは、人間で言うところの、「」にあたるので、少しくらいは奮発してあげても良いように感じますよ^^

なので、ケージのお金を少し奮発できるくらいの状態を作ってあげてもいいかもしれませんね。

では、最後のまとめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・おすすめのケージの条件とは?

・ベストな大きさは?

・ケージのおよその値段の相場は?

でしたね。

おすすめのケージもご紹介しましたし、大きさや値段なんかも見ました!

なので、ここでの知識を活かして頂いて、あまり小さな安っぽいケージではなく、良さそうなケージを選ぶ一つの材料にして頂ければと思います。

ちなみにですが、そんなケージを一番いい場所におけるように、こんな記事もありますよ^^

モルモットが心地よく過ごせるケージの置き場所とは!?

 

ではでは、以上です。

じゃ~ね~^^

スポンサードリンク

down

コメントする




ブログランキングに参加中♪