ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

ハムスターの飼い方!水槽タイプの夏の暑さ対策はどうする?

time 2017/03/10

スポンサードリンク


あなたは、ハムスターをどんなケージで飼っていますか?

 

金網で覆われているタイプ?水槽タイプ?衣装ケースタイプ?

 

ケージの種類だけでも結構あるので悩んじゃいますよね?^^;

 

そこで、今回私がおすすめしていこうと思うケージタイプがこちらです!

 

「水槽タイプ」です!

 

ペットショップとかで売られている時は大体、水槽タイプにハムスターたち入っていますよね!

 

おそらく見やすいようにでしょうね!

 

どのケージにもメリット、デメリットは必ずあります!!

 

どれが1番とかではないんですよね^^;

 

 

なので、選ぶ基準として季節を軸に考えると適正のケージタイプが分かるんじゃないかなぁ?

 

って、思っています!

 

特に、「夏」とか「冬」とかって、人間でもそうですが、

 

温度の変化がとてつもないじゃないですか?

 

もちろん、ハムスターたちも厳しいわけですよ(;_;)

 

だから、水槽タイプの夏の暑さ対策はどうするの?

 

って、考えちゃいますよね!

 

でも、大丈夫!

 

個人的にも結構重宝しているので、今回は「水槽タイプ」のメリット・デメリットを紹介させて下さい^^

 

ではでは、詳しく行きましょう!

スポンサードリンク

水槽タイプで飼うときのメリット!(色々ver.)

では、どんなメリットがあるの~??

 

って、感じですよね^^

 

「へぇ~」とか「そうかなぁ?」とか「なんでおすすめなんだろう?」とか、

 

色々思っているかもしれませんが、あくまで個人的な感想ですが、

 

参考にして下さい^^

 

そんな私は11匹のハムスターを飼う飼い主です^^

 

凄いっしょ!!!笑

 

なので、少しは信用して頂ければ嬉しいです^^

 

 

ではでは、なぜおすすめするのか?

 

あげてみると結構ありますよ、おすすめできるメリット^^

 

それがこちらです!

 

・掃除がしやすい

 

これは、数年間お世話するとなると結構重要になってくると思いますよ!

 

しやすいともなると、言い換えるならばキレイにしやすいということでもありますからね^^

 

うちなんて、11匹なのでかなり水槽タイプのありがたみが分かります^^;

 

・床材が飛び散らない

 

これは、上の「掃除がしやすい」と似ている部分かもしれないんですが、

 

金網系のケージはとにかく辺り一面、床材だらけになるんですよ^^;

 

まぁ元気な証拠なのかもしれないですが、飛ばないのに越したことはないですよ!

 

小さいことかもしれないですが、床材が飛ばないだけでも劇的に毎日の掃除が変わります!!(マジですよ!)

 

・ケージを噛むという行動を抑えることが出来る

 

これは、本当言うと1番の理由かもしれないです。

 

ハムスター自身何かをかじって歯を削るという習性があります!

 

なので、ケージを噛むことに関してはやや仕方ないところもあるかもしれないですが、

 

ケージを噛んでも、いい具合には歯は削れないんですよね。。

 

なので、水槽タイプのケージにして、かじり木を入れてあげるんですよね^^

 

そうすれば、結果的にハムスターの健康にも貢献出来るので、一石二鳥なんです!

 

ちなみに、関連記事なんかもあります!

ハムスターが快適に過ごす飼い方は?掃除の方法や体のケアも超重要!?

 

・写真が取りやすい

 

これは、思い出つくりとしてかなり大事ですよ!

 

 

犬や猫のように寿命が長くないので、ふれあいとしての時間も短くなってしまいます!

 

なので、写真!

 

って、なるのですがケージ越しのショットって、

 

金網系のケージだとケージにピントが合ったりするんですよ!笑

 

「いやいや、そこじゃないよーーーー!」って、なります。笑

 

しかし、水槽のケージに関しては一切そのようなことがなく、キレイに取ることが出来ます!

 

これは、可愛いもの好きの女子には結構大事なポイントあも知れないです!

 

実際、私のカメラフォルダーも水槽タイプの子たちの写真が自然と多くなっています^^;

 

・脱走&怪我をしにくい

 

これは、めちゃめちゃ重要ですよね!!

 

脱走に関しては、その子のサイズに合った、大きさの水槽を買うといいでしょう^^

 

金網系のケージって、ハムスターたちがジャングルジムのように登ってしまうので、

 

そこから落ちて怪我。。。。。

 

なんてことも全然あるので、そのケガ予防になります^^

 

まぁ、それでも登ろうとする子もいますが、、、、(うちの子がそうなので。笑)

 

なので、その場合はレイアウトを変えてみるのが良いかもしれないですね!

スポンサードリンク

水槽タイプで飼うときのメリット!(季節ver.)

これは、季節のメリットのバージョンですね^^

 

こちらも家の子たちの実例がほとんどですので、参考になるかと思います!!

 

水槽のケージの1番の力が出るのが、「冬」です!

 

まぁ、なんとなく気づく方もいるかもしれないので、言っちゃいますが、

 

四方をガラス(プラスチック)で覆われているので、寒さに強いんですよね!

 

このハムスターたちへの寒さって、命に関わるから重要です!!

 

ハムスターは気温が10度を切ると、冬眠状態になる可能性があります!

 

これは、どういうことかと言うと、そのまま目覚めずに死んじゃうことがある!ってことです。

 

飼育下のハムスターは冬眠にめっぽう弱いんです!

 

なので、少しでも暖かい場所として、ケージでもその暖かさを補うということなんですよ!

 

ですが、水槽タイプにしたからといって、冬の時期に何もしなくて良いわけではありませんよ!

 

しっかりと、暖房や床材の量、ペットヒーターなどを使い、水槽内を最低でも20度以上に保っていきたいです!

 

なので、その温度をキープさせる役割として「最高」ということです!

 

ちなみに、私の家のハムスターの水槽近くには温度計も設置しております。

 

念には念を!

 

っと言った感じですね^^

 

では、相性の悪い季節は、、、、、

 

これが、デメリットにあたるわけですよ^^;

スポンサードリンク

水槽タイプで飼うときのデメリット!

ズバリ「夏」です。。。

 

やはり通気性の部分で、水槽タイプは厳しいのが正直なところです。

 

湿気(湿度)的な問題もあるので、ベストな対応は、夏場だけケージを金網に変える。

 

ですが、中々難しい場合などもあると思いますので、

 

水槽のままいくのであれば、今まで私が実践してきた方法をお伝えしていきます!

 

夏の暑さ対策!

 

・エアコンは冷房ではなく除湿?

 

はい!「除湿」です!

 

「暖房」「冷房」「除湿」の、

 

「除湿」です!

 

これで、ひと夏を過ごして下さい!

 

ちなみに、部屋の冷え具合も冷房に惹きを取りません!

 

こうすることにより、湿度を抑えながら適温を保てます!

 

もううちでは、毎年「除湿」で夏を過ごしています!

 

あの冷房特有の微妙な湿気感は全く無いですよ!

 

「でも、家の誰も居ないのに、エアコンは、、、、」ですよね!

 

そのいない時間帯は、次の項目です!

 

・扇風機と保冷剤?

 

これは、完全にオリジナルなのですが、

 

扇風機に保冷剤を紐でぶら下げ、部屋を冷やす方法です!

 

エアコンに比べ格段に電気代は安く済みます!

 

ポイントとしては、この風邪を直接当てないことですね!

 

部屋の空気を冷やすイメージです!!

 

これも、毎年実践しているのですが、まぁー変わった光景です!笑

 

飼い主なので、やれるだけのことはしてあげたいですからね!

 

この2つの手法は結構使えます!

 

個人的には、これをしっかり実践できるなら、

 

金網ケージは要らないんじゃないかと思うぐらいです!

 

是非とも試してみて下さい^^

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

・水槽タイプで飼うときのメリット
・水槽タイプで飼うときのデメリット
・夏の暑さ対策

 

でしたね!!

 

やっぱり、水槽のケージは使い勝手良いですよ!

 

本当に!

 

ですが、ここまで書いておいなんなのですが、

 

ハムスターにもそれぞれの性格もあると思います!

 

なので、ひょっとすると金網系のケージの方が相性がいい場合もあるかもしれません!

 

それは、その子達にしか分かりません^^;

 

でも、飼い主はそれを観察してあげることは出来ます。

 

なので、しっかりと飼っている子をみて、一番いい判断をして下さい!

 

悩んだ時は、この記事を読んで参考にしてくれれば嬉しいです^^

 

ではでは、以上です。

 

じゃ~ね~^^

 

スポンサードリンク

down

コメントする




最近のコメント

    アーカイブ