ハム〜〜ログ♪のモフモフボログ!!!

ハムスターの種類や生態、習性!ハムスターについてのなぜ??を、スパッと解決していくブログです!!飼い主初心者さんや中級者以上の方へも役立つ内容になっていると思いますよ♪

フェレットを長生きさせる為の秘訣は?8個のポイントに分けてチェックです!

time 2018/01/30

スポンサードリンク

せっかくフェレットを飼っているあなた!

なるべく「長生きさせたい!」なんて思うのは、飼い主である気持ちとして普通だと思います。

あのとぼけたような顔がたまらないです^^

「あれ?」
って、顔してますもんね^^

でも、フェレット自体が、最近人気の出てきたペットだから「長生きの秘訣」的なものに対するしっかりとした知識ってのも、少し不足しているように感じます。

なので、今回はその「長生きの秘訣」にだけフォーカスを当ててみました!

しかも、

その「秘訣」も3、4個のご紹介ではなく「8個」も見ていきますので、この記事を読んだ後に、すぐに試せるものなどもあるので、即実践もして頂きたいものです。

もちろん、知っているものなどもあるかもしれないですが、そこは復習ということで、優しい目で見て下さい!笑

なのでここでは、

・長生きさせる秘訣とは!?

 

でのチェック項目となるので、
是非とも最後まで見ていって欲しいです。

ではでは、早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

長生きさせる秘訣とは!?

早速ですが、「長生きさせる秘訣」です。

フェレットの「寿命」を見ていくと何となく感じませんか?

・平均寿命:6~8年

・ギネス記録:15年

 

結構差がありますよね?

これって実はしっかりと理由があったりするんですよ!

それが、フェレットの寿命を大きく左右させているのが「精神面」への重きです。

しかも、これ小動物界での話ではなく、動物界という括りでです。

繊細さは、動物界トップクラスだそうです。

っあ!
ちなみに、このギネス記録と寿命の長さについては非常に親和性が高いので、良ければこちらもご参考下さい!

寿命の長さについては知っていて損では無いので!

フェレットの平均寿命は?寿命のギネス記録では最長で何歳なのか?

 

で!

これだけデリケートな動物なわけですから、少しの「ストレス」で、体調がガラッと変わることがあります。

・うんちの色の変化

・排泄の失敗

・食欲不振

 

などなど、目に見えて分かる変化があるのです。

なので、寿命への変動が大きい理由も、こういうことがあってのことなんです。

ただ、その「メンタル面」をしっかりとカバーできれば「長生き」させてあげれるということの裏付けでもあります。

長生きさせる秘訣」などと難しく書いていますが、結局は飼っているペットに対していかに、上手く気を遣ってあげながら愛情を注げるかですね^^

では今回は、そこについて詳しく見ていこうということです。

では、①つ目を見ていきます。

①食事に気をつける

基本中の基本の「食事内容」です。

これは改めて確認する必要がないのかもしれませんが、念の為一応です。

この「食事に気をつける」というのは、言い方を変えると「フェレット用の食事だけにする」という意味でもあります。

やっぱり人間の食べているものは、フェレットにしては高カロリーなので、体調を壊す危険が十分にあります。

人間同様、高カロリーのものばかり食べると、糖尿病や高脂血症と言った病気にかかりやすくなるので、大変です。

更には、小動物用のドライフルーツなどのおやつも売っていますが、フェレットはドライフウーツを消化できないので、与えないようにしましょう。

なので、「フェレット用の食事だけにする」ということです。

で!その専用フードを選ぶ中で、
一つの基準も簡単にご紹介してきます。

それが、、、

・たんぱく質:36%以上

・脂肪   :18%以上

・繊維   :2~3%以下

 

のものを選ぶのがオススメですね^^

商品の裏に成分表記もあると思うので、こちらを是非ともチェックしておきましょう。

では、一つだけオススメのフェレット専用フードもご紹介しますね!

ニチドウ フェレットグロース 3kg

↓楽天にリンクします

こちらです。

愛用にされている飼い主さんも多くとても信用のあるフェレットフードです。

噛みごたえのあるエサなので、歯を伸びるのを抑制してもくれるので、とてもオススメです^^

ちなみにですが、他のエサはあまり食べないが、このエサならガツガツ食べるなんて声もあるくらいなので、買ってみてご損になることは無いと思いますよ!

試す価値ありです^^

では、次の項目へいきましょう。

スポンサードリンク

②年齢&体型にあった専用フード

これまた目で見て確認を基本とする「年齢&体型」です。

フェレットも人間同様に「年齢&体型にあった専用フード」というのが存在します。

やはりここは、飼っていく中で気付くようなことなので、事前に知っておくのも悪くないと思います。

実際、私自身飼っている最中に知ったことですし^^;

で!
その「年齢&体型にあった専用フード」ですが、その典型的なのが、

太ってしまった時の「ダイエットフード」や4歳以降は「シニアフード」にするなどのことです。

っあ!
ちなみに、フェレットは4歳を超えるとシニアの仲間入りです。

餌に対する記事です。
参考程度に見てみて下さい!

フェレットの値段の相場は?餌やケージなどその他の費用もチェック!

 

っと、少し脱線してしまいました^^;

フェレットというのが、選んでエサを食べる習慣もあるので、4種類くらいを混ぜてあげるのがオススメとされています。

実際に私も3種類を混ぜて与え続けていました。
※4種類で無くても問題はないと思います。

フェレット自体が肉食動物なので、多くの動物性たんぱく質を必要としています。

なので、ダイエットフードの選定は少し難しいかもしれないので、ここでも一つオススメをご紹介していこうと思います。

私自身も結構この「ダイエットフード」は苦戦しましたので。

マーシャル プレミアムフェレットダイエット 623g

↓楽天にリンクします

こちらに関して大きいサイズもありますが、様子を見ながらということで、こちらのサイズをご紹介しました。

やはりご愛好されている方は、今までの与えているエサに多め目の分量で混ぜて与えてる方が多くとても人気の「ダイエットフード」になっております。

正直、餌の種類がかなり多いので、結構どうするか悩みどころですが、こうして一つのオススメだとお手に取りやすいですよね^^

是非とも試してみて下さい。

噂でですが、長生きの秘訣は「高たんぱくのキャットフード」を与えていた!
なんて、こともあったそうですよ^^;

確かに、長生きの秘訣は本当に数多くあると思うので、頭の片隅に「へぇ~そうなんだ!」くらいの程度で置いとくくらいで良いと思います!

では、続いてです。

③生活の中でなるべくケージから出す

ここからは、少しスキンシップ寄りの内容です。

この「なるべくケージから出す」というのが、いわばフェレットに対するストレス回避になる訳なんです。

フェレットとと言うのが、何度も言うように、本当に「デリケート生き物」になるので、
ストレス」に対しての「健康被害」を受けて体調を壊すことも珍しくないんです。

小動物はやはり体が小さいので、そういうことも犬や猫に比べて多いのかもしれないですね。

で!
その「ストレス」に対するリスクへの回避方法が「なるべくケージから出す」ということなんです。

とっても簡単ですよね^^
むしろほとんどの方がすでにしているかもしれません。

もちろん、飼っていれば分かりますが、フェレットだって、イライラしたり、外に出たいと思えばケージをかじります。

コレは、フェレットからしたら普通の行動なのですが、ストレスのみならずこのケージをかじり続けることで、「歯を折ってしまう子」もいるので、結構重要な問題なんです。

それきっかけで「病気」になる子もいるみたいですし。

なので、軽視出来ないのがこの「ストレス」なんです。

じゃあどうするかですが、
フェレットはしっかりとしつけさえすれば、猫のように放し飼いの出来る動物です。

結構、本やネット記事には1時間目安で書いているのもの多くありますが、ちょっと少なすぎですね^^;

ストレスが溜まって仕方ないと思いますよ。

ちなみに、この放し飼いによるストレスフリーの状態になれば、性格もおおらかな子になり、健康維持はもちろん、その後のしつけもかなりやりやすくなりますよ!

長生きの秘訣」という考えの中で結構な拡大解釈かもしれないですが、この「ストレスをなるべく与えない」ということはそれだけ大事ということでもあるんです。

っといっても、中々放し飼いにするのは勇気のいることです^^;

私も当時はもちろん不安でした。

なので、徐々にで良いので家にいる時くらいは、長い時間出しておいてあげるくらいの気持ちで、してあげるのがオススメかもしれないですね!

なんでも慣れは必要ですからね。

そこでですが、こんな遊び道具があっても良いかもしれないですね。

おもちゃで外での遊ぶ楽しみをさらに見い出す子もいますから^^

それがこちらです。

フェレットトンネル おもちゃ チューブ

↓楽天にリンクします

2匹でも十分遊べるくらいのものなので、飼ってあげて損なしですよ!

値段もとてもお手に取りやすいと思うので、是非とも試してみて下さい^^

オススメです!

では、続いてです。

④いくつになっても遊んであげる

この「いくつになっても遊んであげる」というところを見ていきます。

これの何が「長生きにさせる秘訣」なのか?

っというところではあると思いますが、

フェレットとと言うのは、
基本的にこういう特徴があります。

改めて考えると、
「あぁ~」っとなるような点ですよ^^

それが、

・外で遊ぶのが大好き

・基本は構ってちゃん

・寂しがり屋な生き物

 

っということです。

先程の内容と、少し被るところもあるかもしれませんが、こちらもしっかりと一緒に確認していきましょう。

この上の3つをあまりにも満たせない日々が続いてしまうと、

変なところでトイレをしてしまったり

大きな音を立てたり

などと、色々と訴えてきます。

ちなみにですが、
これのどこが「いくつになっても遊んであげる」ことに繋がるかというと、

フェレットは4歳を超えるとシニアの仲間入りと言われています。

なので、この4歳を起点に、

その後の生活は遊ぶ時間を少し削減する方が良い

このような謳い文句をたまに目にしますが、ここは違いますよー!

っというところなんです。

もちろん、若い頃に比べると少しおとなしくなるかもしれませんが、基本的なフェレットの性格は変わらないので、しっかりと遊んであげましょう。

でも、私も分かりますが、
ずっとずっとは難しいと思います。

なので、出来る限りで良いと思います^^

こういった細かいところへの気遣いが、
長生きさせるための秘訣」に繋がったりしますので、このあたりは非常に重要です。

なるべく時間がある時に遊んであげるイメージやっていきましょう!

では、続いてです。

⑤適度な運動

続いての「適度な運動」となるのですが、

ここ最近2つの内容と、少し繋がるような内容かもしれませんが、また違った角度で見ていきますので、ここも是非とも抑えていきましょう。

で!
その「適度な運動」というのがあるのですが、やはりフェレットは大前提として「肉食動物」です。

なので、もうこの「肉食動物」と聞くだけで、活発な運動が必要なのは何となく分かりそうですね^^;

もちろん、その運動がとても大事なってきます。

もっと言うなれば運動が無いと「ストレス」を感じてしまうくらいです。

コレはヤバイですね。

ただ、フェレットを運動させるには一つだけ条件があります。

それが、

・28度以下の時

 

こちらです。

なので、夏以外の季節であれば、気にせずいつでも運動させればいいですが、

夏とかであれば、
夜とかに少し涼しくなった時にさせてあげるのが良いでしょうね^^

このあたりも少しシビアになってきます。

ほんの少しの気遣いでクリア出来る点ですので、気にしてあげましょう。

人間も同様で、ストレスを感じない人生の方が良いに決まっています。

なので、「長生きさせる秘訣」としてもしっかりと成り立っているわけです。

やや拡大解釈かもしれませんが、
やって意味のあることだと思い舞いますので、是非ともやってみましょう^^

では、続いての内容です。

⑥健康診断

こちらも長生きさせるためには必要な条件の「健康診断」ですね。

ただ、フェレットは本当に「怪我や病気」が多い生き物です。

4歳からは「シニア期」に入るとまで言われているので、一生涯の内でひょっとすると「病院通いの時期」と「健康の時期」が半々なんてこともあるかもしれません。

なので、基準としてですが、
フェレットの「健康診断」ですが、

・年に1回

・4歳以降は半年に1回

 

を目安に「定期検診」的な意味合いで見せに行ってあげた方が良いかもしれないですね。

あと、何かあってからの病院代も結構高いです。

ペット保険などに何も入っていなければ、当然「全額負担」です。

ちなみに、片腕の骨折をしてしまうと、手術&通院で「約20万円」程かかるケースも全然あります。

もちろん、お金の問題だけでは無いのかもしれないですが、こういうことも維持できなければいけないので、少し視野に入れた方がいかもしれないです。

先程の検診に行っておけば、「早期発見」的な事で早い段階で悪い部分が見つかれば、それだけ「フェレットへの負担も少ない」ので、ストレスも少ないはずです。

せっかく飼っていて可愛いフェレットなので、長く生きていけるための「健康診断」は行ってあげましょう^^

⑦サプリメント

健康志向のこのご時世ですので、
人間は結構の数の方がサプリメントを飲んでいます。

もちろん、フェレット用のサプリメントもあるので、飲ませることは出来るのですが、基本的には「健康食品」なので、自己責任になってしまいます。

そこだけご了承下さいませ。

人間の言葉が喋れないので、
しっかりとした注意が必要になってきます。

っとはいえ、やっぱりペットに対してのサプリメントをあげている方も多いので、一応一つだけオススメのサプリメントご紹介しておきます。

↓楽天にリンクします

ヘルスチャージ-P

ここ数年流行りの「プラセンタ」です。

人間でも健康面や美容面で大活躍の「プラセンタ」です。

フェレットは、もちろんのこと、
犬、猫、ハリネズミ、ハムスターまでもが愛用しているこの商品なのです。

ちなみに、愛用している方からは、

・食欲不振が改善できた。

・下痢が改善できた。

・免疫力アップにも貢献!風邪を引かなくなった。

・視力回復にも良い

 

っと、本当にありとあらゆる効果の実感を頂いているのがこの商品なんです。

飼ってるフェレットも何かしら悩みがあると思います。

参考事例は他にもたくさん載っていましたので、少し参考にして頂きながら、是非とも試してみて下さい!

では、最後です!

⑧普段の観察が大事

結局は、この最後が一番大事かもしれないです。

飼っているペットへの変化は飼い主であるあなたが一番良くわかっているのと思うので、その中での「普段の観察」が一番大事なんです。

なので、家にいる時間はなるべく観察してあげて下さい^^

飼い主がしっかりと見てあげるのが何よりも一番いいと思うので!

では、まとめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・長生きさせる秘訣とは!?

っということについて、
8個のポイントをじっくりと見てきましたが、どれも本当に大事なところばかりでしたね。

でも、結局は気遣いである「日々の観察」が大事なのでここをベースに他のポイントも見ていけたら良いと思います^^

ではでは、以上です。

じゃ~ね~^^

フェレットを少しでも詳しくなりたい人へ♪

スポンサードリンク

down

コメントする




ブログランキングに参加中♪